test

訪日客の移動・滞在を移動情報データで分析 11月中旬「インバウンド人流分析」を提供(Agoop)

2023年10月25日
編集部:馬場遥

2023年10月25日(水) 配信

「インバウンド人流分析」活用イメージ

 Agoop(柴山和久社長兼CEO、東京都渋谷区)は11月中旬以降から、訪日外国人の動態を位置情報データで分析する「インバウンド人流分析」の提供を始める。流動人口データを分析・可視化し、定点観測レポートとして提供する「人流統計レポート」で、訪日外国人の国・地域別状況や、移動・滞在などの動態を位置情報データで見るもの。

 インバウンド需要の回復により、訪日外国人の観光誘致やマーケティング施策の強化などの理由で、エリアごとのインバウンド人流をきめ細かく把握したいという声に応え、このほどサービスの提供を行う。

 「インバウンド人流分析」は、Near Intelligence(以下Near社、アニル・マシューズCEO)が保有する全世界約16億ユーザーの匿名加工された位置情報データを利用する。

 位置情報データによって、観光スポットや施設、市区町村や都道府県全域など、指定したエリアごとに来訪者の国・地域別、曜日別、時間帯別の人数が把握できる。このほかにも、滞在時間や宿泊日数、前後の立ち寄り先、エリア間の周遊状況、人気エリアのランキングなど、訪日客の国内移動・滞在について多角的な分析が可能となる。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

旅行新聞ホームページ掲載の記事・写真などのコンテンツ、出版物等の著作物の無断転載を禁じます。