test

NAA23年度中間連結決算、4期ぶり黒字化 水際撤廃や円安で営業利益43億円に

2023年12月1日
編集部:木下 裕斗

2023年12月1日(金) 配信

田村明比古社長

 成田国際空港(NAA、田村明比古社長)が11月30日(木)に発表した2023年度中間連結決算(23年4~9月)によると、営業利益は43億3400万円(前年同期は170億4000万円の損失)と4期ぶりに黒字化を達成した。

 新型コロナウイルスの5類への移行で水際対策が今年4月に撤廃されたほか、国内の行動規制の緩和によって、発着回数と旅客数が前年同期を大幅に上回ったことや円安傾向が続いたことによる、免税店などの物販や飲食収入の増加が主な要因。

 営業収益は、前年同期比87.7%増の997億8200万円と3期連続の増収となった。需要回復に対応した施設運営などで営業費用が増加したが、継続して最大限のコストマネジメントに務め、経常利益は34億3400万円(同178億1600万円の損失)、中間純利益は36億7600万円(同185億2500万円の損失)と黒字に転じた。

 23年度通期では、エネルギー価格や物価上昇、世界情勢に不確実な要素があることから、5月に発表した23年度通期の予想を据え置いた。

 総旅客数は同72.8%増の3546万人。国際線は105.3%増の2783万人。国内線は同9.6%増の763万人と過去最高を見越している。総発着回数は国際線が同35.0増の19万回。国内線は同3.9%減の5万回とした。

 売上高は同52.7%増の2006億円、営業利益53億円、経常利益19億円、当期純利益6億円を見込んでいる。

 田村社長は「想定通り回復したが、不確実な要素があるため、保守的に予想した。人手不足のグランドハンドリングなど空港運営体制を整え、通期で黒字化したい」と語った。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

旅行新聞ホームページ掲載の記事・写真などのコンテンツ、出版物等の著作物の無断転載を禁じます。