test

夏休み期間中の旅行人数は4000万人 前年比5.3%増も大幅な回復には至らず JTBの旅行動向見通し

2021年7月20日
編集部:入江千恵子

2021年7月20日(火) 配信

イメージ

 JTB(山北栄二郎社長)は7月19日(月)、「夏休み(7月20日~8月31日)に1泊以上の旅行に出かける人」の旅行動向見通しを発表した。夏休み期間中に国内旅行をする人数は4000万人で、前年同期比5.3%増とわずかに増加するが、緊急事態宣言の発出もあり、コロナ禍前の前々年比では44.8%減と大幅な回復には至らないと予測する。旅行の特徴は、これまでと同様に感染予防を意識した“新常態の安近短”旅行傾向がうかがえるとした。

 アンケートや各種経済指標、予約状況などを基に算出した、国内旅行人数は4000万人で、国内旅行平均費用は3万3000円(前年比3.1%増、前々年比9.6%減)、総額では1兆3200億円と推計する。

 旅行日数は「1泊」が41.9%と最も多く、次いで「2泊」(29.6%)、「3泊」(15.3%)の順。旅行先は、マイカーなどを使っていける近場の傾向がみられ、全国的に旅行先と居住地が同じ域内旅行の割合が高くなっている。

 コロナ禍前と比較し、約10%減となる旅行費用は、域内旅行志向による平均泊数の低下や、将来不安による旅行費用の抑制傾向があるとみている。一方で、多少割高でも新型コロナの感染防止を優先する動きや、観光・地域応援と連動した旅行先での食事、土産購入などから、1人当たりの平均費用は前年を上回ると予測している。

 調査は2021年7月5日(月)~7月9日(金)の期間、全国の15~79歳までの男女1万人を対象に、インターネットで実施した。夏休みに旅行に「行く」または「たぶん行く」と回答した人の合計は19.8%で、「たぶん行かない」「行かない」の合計80.2%を大幅に下回った。

 旅行に行かない理由は「まだコロナの影響で、旅行することに不安があるから」が45.1%と最多で、「コロナウイルス新規感染者数が減っているとは言えない状況だから」(37.1%)、「コロナ第5波が心配だから」(31.1%)と続いた。

 なお、今夏の旅行動向の見通しは、新型コロナウイルス感染拡大に対する国の方針および東京五輪の観客受入方針の発表を待ち、対象期間の開始日を例年より5日遅い7月20日からとし、国内旅行のみを対象とした。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • (北海道)

    最高気温---

    最低気温---

  • (秋田県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (石川県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (東京都)

    最高気温---

    最低気温---

  • (山梨県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (兵庫県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (島根県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (高知県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (宮崎県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (沖縄県)

    最高気温---

    最低気温---