test

富士山を眺めながらジェラートなど堪能 富士宮に新たなドライブイン誕生

2024年7月11日
編集部:飯塚 小牧

2024年7月11日(木) 配信

富士宮産牛乳を100%使用。フルーツや野菜をふんだんに使用したジェラート

 レインボー(福原規正代表)は7月13日(土)、静岡県富士宮市に地元の生乳を使ったジェラートなどが富士山を眺めながら楽しめるドライブイン「Shiro DRIVE-IN」を開業する。富士宮の新観光スポットとして、富士山の麓で育った地元食材を生かした商品をそろえ、地域の魅力を最大限に引き出すことを目指す。

 同社は地元出身の代表である福原氏が、オーストラリアで2023年に起業した日本食材を使用したジェラート&おにぎり専門店「Shiro Gelato&Snack」を運営している。オーストラリアでは開店初月で5万人が来店する話題店となり、ゴールドコーストとブリスベンの2店舗で展開しているという。

 今回、富士宮の魅力を国内外に広め、地域活性化をはかるため地元での開業を決めた。福原氏は大学卒業後、渡豪するまで地元の農協に務めていた経験があることから、同市を訪れる国内外の観光客に地元食材を使った商品で地域の魅力を感じてもらい、地産地消を重視して地域コミュニティとの連携を強化しながら、地域を発信していくことを目指す。

 「Shiro DRIVE-IN」では、オーストラリア店舗で人気商品となっている「大福ジェラート」を販売する。また、オーストラリアで人気の抹茶ドリンクもそろえる。日本では、富士宮産牛乳や今年初摘みの抹茶など地元食材を使用して提供する。このほか、地元のクラフトビールメーカー「フジヤマハンターズビール」と共同開発したビールなども売り出す。

 敷地内には富士山を眺めながら飲食できるテラス席を用意。店舗内は富士宮の木材を使用している。また、駐車場は10台以上設け、大型バスの乗り入れもできる。トイレは男子トイレ2つ、女子トイレ3つを備える。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

旅行新聞ホームページ掲載の記事・写真などのコンテンツ、出版物等の著作物の無断転載を禁じます。