test

HIS、新飲食形態「海鮮バイキング いろは」開業 2月豊洲市場場外の千客万来に

2023年11月24日
編集部:木下 裕斗

2023年11月24日(金) 配信

店舗外観

 エイチ・アイ・エス(HIS、矢田素史社長)は2024年2月1日(木)、豊洲市場場外(東京都江東区)にオープン予定の複合施設「豊洲 千客万来」内に飲食事業の新しい形態として「海鮮バイキング いろは」を出店する。

 豊洲 千客万来は24年2月、同市場の場外にオープンする食楽棟と温浴棟で構成される。江戸の町屋を模し、同市場から仕入れた新鮮な食材を生かした飲食店などが入居し、国内外の観光客に日本文化を発信する。

豊洲 千客万来のイメージ

 「海鮮バイキング いろは」は、海鮮で珍しいというバイキングスタイルで提供する。ミシュラン店にも卸しているマグロ専門の仲卸「相馬水産」から、国産の生本マグロを1本仕入れるほか、店内での解体パフォーマンスも行うなどマグロに力を入れる。1本買いすることで提供できる希少部位や、本ズワイ蟹、海鮮のほか、デザートも提供する。

 店内の座席数は130席。最大30人までの個室も用意した。施設内唯一の団体が受入可能なレストランになるという。このため、専用の大型バス駐車場を5台分保有する。さらに、訪日客向けにQR コードをかざすとアレルギー情報を英語で確認できるサービスや、事前の相談で特別メニューも対応するという。営業時間は午前8時~午後4時、5~10時は40人以上の団体への貸切営業時間としている。

 料金は70分食べ放題で6578円。100分の食べ飲み放題は8228円。いずれも大人料金で税込。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

旅行新聞ホームページ掲載の記事・写真などのコンテンツ、出版物等の著作物の無断転載を禁じます。