test

奈良大学 学生がグッズ開発 地元土産物店とコラボ

2023年11月24日
関西支社:塩野 俊誉

2023年11月24日(金) 配信

コラボ商品を開発した学生たち

 奈良大学(今津節生学長、奈良県奈良市)の学生たちがこのほど、地元の土産物店とコラボし、鹿をモチーフにしたグッズなど新たな奈良土産を開発した。

 同大学社会学部総合社会学科の2年生たちが、実社会での経験を学びにつなげることを目的としたカリキュラム「社会体験実習」の一環として、毎年学外の団体・企業と連携して行う。

 今回は、近鉄奈良駅から徒歩約3分の距離にある奈良もちいどのセンター街の土産物店「絵図屋」とコラボし、今年4月から2チームに分かれ、商品開発や販売計画の立案などに取り組んできた。

 完成したのは、奈良を訪れる修学旅行生を意識した、街歩きに便利なサコッシュに鹿のイラストをあしらった「シカッシュ」(税込700円)と、紙を挟むとイラストで描かれた鹿の色が変化する「鹿ギミック クリアファイル」(同200円)。

 さらに、子供でも手が届く価格で奈良らしい土産をコンセプトに、近年、再び人気を集めているレコードのイラストに「凪」「黎明」「翠色」「夜這い星」「青嵐」「風花」といった大和言葉を描いたシールも制作した。裏面には言葉の意味を記載。パロディシールと併せて全10種類を用意した。価格は各1枚150円(税込)。

 各商品は、11月2、3日に行われた同大学学園祭で販売されたほか、現在、土産物店「絵図屋」にて販売している。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

旅行新聞ホームページ掲載の記事・写真などのコンテンツ、出版物等の著作物の無断転載を禁じます。