test

濃飛バスが「バス停カード」を発行 3日間乗り放題の「エリアフリーきっぷ」も発売

2022年8月1日
営業部:鈴木 克範

2022年8月1日(月)配信

高山濃飛バスセンターから約1時間の「秋神温泉」バス停は五つ星のレアカード

 濃飛バス(水野敏秀社長、岐阜県高山市)は、2022年8月1日(月)から「バス停カード」の無料配布を始めた。

 周遊観光の促進及び路線バスの利用促進を目的に発行するもので、表面にはバス停の写真と名称、裏面には設置位置(住所と緯度経度)、利用路線名、バス停名称の由来や理由が記載されている。

 今回、第1弾としておもに飛騨地区のバス停の中から選んだ20バス停分を作成した。バス停カードは運行本数や設置されている場所によって一つ星からレアバス停の五つ星まであり、バス車内の運賃表示機に表示されるバス停キーワードを所定の用紙に記入し、濃飛バスの窓口に提出すると受け取ることができる。(1人1バス停につき1枚限定)バスカードの発行枚数は三つ星バス停までは各200枚、四つ星、五つ星は各100枚。いずれも無くなり次第、配布を終了する。

 また、JR東海の特急「ひだ」新型車両デビューに合わせ、2022年7月23日(土)から同11月30日(水)まで、飛騨地区を運行する濃飛バスのほとんどの路線バス(一部除外路線あり)が3日間乗り放題となるお得な乗車券「エリアフリーきっぷ」も販売している。通常発売料金は大人8000円(小人4000円)で、JR利用者については枚数限定で大人6000円(小人3000円)で販売する。高山-新穂高ロープウェイ間往復運賃は大人4400円、高山-白川郷間は同4600円なので、この2路線に乗車するだけでもお得なきっぷだ。今回発行したバス停カード対象路線にもすべて乗車することができる。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • (北海道)

    最高気温---

    最低気温---

  • (秋田県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (石川県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (東京都)

    最高気温---

    最低気温---

  • (山梨県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (兵庫県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (島根県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (高知県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (宮崎県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (沖縄県)

    最高気温---

    最低気温---