test

全旅連青年部、全国大会に約250人会す 鈴木部長「開催で次の代に誇りを」 第5回旅館甲子園も併催

2021年2月22日
編集部:木下 裕斗

2021年2月22日(月) 配信

鈴木治彦部長

 全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会青年部(鈴木治彦部長)は2月17日(水)、東京ビッグサイト(東京都江東区)で第25回全国大会を開いた。感染対策を講じたうえで、約250人の会員が会し、ユーチューブでのライブ配信も行った。鈴木部長は開催するべきか何度も悩んだが、「(コロナ禍でも実施したことを)次の代の誇りとしてほしい。想いを1つにして、アフターコロナに向けたリスタートにしたい」と招集した主旨を説明した。また、第5回旅館甲子園も併催した。

 鈴木部長は冒頭、「さまざまな関係機関からの支援で、ギリギリ宿の経営を続けられている」と述べた。今後については「(国などの)支援にいつもまで頼るわけにはいかない。依存体質になり、自立できない業界になる」と危機感を示した。

 次期部長予定者として紹介された星永重副部長(藤龍館・福島県湯野上温泉)は「ちょうど10年前の東日本大震災で被災した際の全国からの支援へのお返しがしたい」とコロナ禍での厳しい状況で立候補した理由を明かした。

星永重次期部長予定者

 「オンラインシステムなどの新しいツールを促進しながら、感染対策を講じて集まることもできるリーディング産業として、ほかの業種に見せ続けたい」と決意を語った。

次期のテーマは「観光を日本の基幹産業にKeep try」とし、「会員や全旅連、協定商社と一致団結できるようにする」と力を込めた。

 各ブロック・都道府県などの積極果敢な青年部活動に貢献した活動を表彰する褒賞制度の表彰式も実施した。今回は30件がエントリーした。

 グランプリは愛知県青年部の「愛旅連青年部オリジナル日本酒プロジェクト『旅先でしか飲めぬ酒(旅×酒)』」が獲得した。

全国大会褒賞でグランプリを獲得した愛知県青年部ら

 準グランプリには大分県青年部の「新型コロナウイルス・および感染症に関わる大分県旅館ホテル生活衛生同業組合統一の対応シート・マニュアル等作成事業」が選ばれた。

 また、旅行新聞新社賞には福島県飯坂温泉支部青年部の「温泉むずめ日本一(自称)の『飯坂温泉』」が受賞した。

旅行新聞新社賞を獲得した福島県飯坂温泉支部青年部

3施設が日本一 旅館甲子園も開く

 同日には第5回旅館甲子園の決勝大会も開催した。

 旅館甲子園は宿泊産業で働く魅力や経営理念、おもてなしへの想いなどを評価し、日本一の宿泊施設を決める。

 決勝大会は1~2次審査を経た3施設が出場し、会場にいる出席者からの投票でグランプリを決定する。

 今回は約117施設がエントリーした。同会では出場したGLAMP ELEMENT(滋賀県米原市)とホテル楊貴館(山口県・油谷湾温泉)、テラス御堂原(大分県・堀田温泉)の全3施設がグランプリとなった。

旅館甲子園の表彰式のようす。(左から)テラス御堂原の林太一郎社長、ホテル楊貴館の岡藤明史取締役、GLAMP ELEMENTの草野丈太社長

 鈴木治彦大会会長は「コロナ禍でも挑戦の大切さに気づかせてくれた」と講評した。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • (北海道)

    最高気温---

    最低気温---

  • (秋田県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (石川県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (東京都)

    最高気温---

    最低気温---

  • (山梨県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (兵庫県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (島根県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (高知県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (宮崎県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (沖縄県)

    最高気温---

    最低気温---