test

地元住民がおもてなし演出「雲仙仁田峠プレミアムナイト」発売(JTB)

2018年6月15日
編集部:井坂 和香

2018年6月15日(金) 配信

JTBは、6月11日(月)から「雲仙仁田峠プレミアムナイト」(長崎県雲仙市)を売り出した。今期3年目を迎える同プログラムは、標高1300㍍から海抜0㍍を眺める絶景と満天の夜空や、曇りの日のみ見ることができるプロジェクションマッピングとプラネタリウムを企画。また、通常は夜間の運行を行っていない「雲仙仁田峠循環線」と「雲仙ロープウェイ」を利用でき、限定商品ならではの特別感が味わえる。

 2018年春期には310人が参加。アンケートには「仁田峠にのぼるまでの演出が良かった」、「ガイドの説明もわかりやすく、また夏に来たい」など満足感が得られた、再度参加したいという声が多く寄せられた。

 同社は、商品の開発にあたって雲仙温泉地区の宿泊施設や観光関連施設と日々協議を重ねたという。地域住民自らがキャストとなりおもてなしの演出をするなど、さまざまな趣向で雲仙地区の地域活性化を目指す。

ツアー概要

■実施期間:2018年8月の金・土・日曜日  ※8月11日は設定除外日
■旅行代金:大人1人3千円 子供1人1500円
■行程:島鉄バス雲仙営業所 ・・・・・ 仁田峠循環道路 ・・・・ 雲仙ロープウェイ ・・・・・・・・妙見岳展望台 ・・・・ 雲仙ロープウェイ ・・・・ 島鉄バス雲仙営業所
■旅行代金に含まれるもの:貸切バス乗車代金、当プログラム専属ガイド料金、往復ロープウェイ代金
■所要時間:約2時間
■出発時間:1回目 午後7時30分 / 2回目 午後8時30分
■募集人員:各出発日各回限定40人(最少催行人員は各回1人)
■予約方法:JTBホームページの現地観光プラン
■ホームページ


※詳しくは、HPから検索。
  JTBホームページ→現地観光プラン→「雲仙仁田峠プレミアムナイト」で検索
※全体の運営に関しては雲仙温泉観光協会とJTB長崎支店が共同で実施。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP