test

リッツMC バス運転手採用をリアルの場で(日本ツーリズム・オブ・ザ・イヤー2023優秀賞)

2024年4月3日
編集部:長谷川 貴人

2024年4月3日(水) 配信

 リッツMC(中嶋美恵社長、東京都港区)は、旅行新聞新社が取材活動などを通じて見聞きした観光業界の取り組みの中から、創意工夫の見られるものを独自に選び、表彰する「日本ツーリズム・オブ・ザ・イヤー2023」の優秀賞を受賞した。バス運転手専門の求人サイト「バスドライバーnavi(どらなび)」や就職イベント「どらなびEXPO」など、慢性的なバス運転手不足の解消に向けて熱心に取り組んでいる中嶋社長に話を聞いた。

営業所ツアーが求職者の入口に、運転手を選択肢にする〝気づき〟へ

 ――バス運転手不足の解消に向けて取り組まれてきて、現在のバス会社と求職者それぞれの状況はいかがですか。

 コロナ前と比較しますと、求人件数は1.5~1.8倍に増え、コロナ前よりどらなび、どらなびEXPOへのバス会社による求人広告、ブース参画が増えている状況です。とくに顕著なのがリアルイベントで、バス会社から参画したいとの声が非常に多く、反響が大きいです。

 参画会社のバス運転手の現場を体験できる「バス営業所見学ツアー」も企画し、コロナ禍はツアーがゼロになりましたが、現在は毎月2、3回行うほど非常に好評いただいています。コロナ禍ではリアルで人と会うことができず、採用活動がままならなかった反動もあってか、バス会社が採用に対してとても積極的です。一方、求職者は……

 

【全文は、本紙1935号または4月5日(金)以降日経テレコン21でお読みいただけます。】

購読のお申込みはコチラから

日経テレコン21はコチラから

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

旅行新聞ホームページ掲載の記事・写真などのコンテンツ、出版物等の著作物の無断転載を禁じます。