test

DX化で持続可能な観光地域づくりを 日観振とNECソリューションが協定結ぶ

2023年10月24日
編集部:飯塚 小牧

2023年10月24日(火) 配信

包括連携協定締結のようす

 日本観光振興協会(山西健一郎会長)は10月20日(金)、NECソリューションイノベータ(石井力社長、東京都江東区)と持続可能な観光地づくりの実現に向け、包括連携協定を結んだ。両者で地域・観光DXや地域の観光関連組織との連携強化、人材育成・地域間交流を推進し、観光を起点とする地域活性化を目指す。

 これまでも両者は、日観振が運営する観光サイト「JAPAN47GO」で地域の魅力を伝えるコンテンツ制作や、観光誘致に関するセミナーの開催などに取り組んできた。

 他方、観光庁はDXによる旅行者の利便性向上や周遊促進を進めており、2027年度末までに観光地域づくり法人(DMO)に地域全体を包括する観光情報の提供や予約、決済機能を提供するサイトの構築を求めている。しかし、現状でこれらを満たすDMOサイトは2割に満たない状況という。

 そこで、今回両者は今まで培った観光DXやデジタル化促進に関わる双方の知見、デジタル技術などを生かして地域や観光関連事業者のDX化を支援していくため、連携を強化した。

 連携協力内容は、①持続可能な観光地づくりの実現に向けたデジタル技術・データ利活用の普及と定着に関すること②地域の観光関連組織との連携・強化に関すること③人材育成・地域間交流に関すること④地域資源の保全と活用に関すること――の4項目。

 具体的には「JAPAN47GO」と地域観光のDXを支援する「NEC ガイド予約支援」を連携させ、地域の観光商品の認知拡大・流通拡大を目的に新たなマルチチャネル販売プラットフォームの実現をはかる。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

旅行新聞ホームページ掲載の記事・写真などのコンテンツ、出版物等の著作物の無断転載を禁じます。