test

ブッキング・ドットコム、持続可能な旅行需要 半数以上が望む傾向に

2021年4月22日
編集部:長谷川 貴人

2021年4月22日(木)配信

ブッキング・ドットコムがオンラインで調査を実施した

 ブッキング・ドットコム・ジャパン(東京都港区)は4月22日(木)、地球とサステイナビリティについて考える「アースデイ2021」に合わせ、新型コロナウイルス感染症によるサステイナブル(持続可能)な旅行への需要の高まりについて調査結果を発表した。世界の旅行者の半数以上(53%)が「新型コロナウイルス感染症の影響で、よりサステイナブルな旅行を望むようになった」と回答した。

 調査は、20年7月にオンラインで実施した。過去12カ月間に出張、レジャー・観光目的で旅行に出掛け、移動制限が解除された場合に12カ月以内で旅行に出掛ける予定のある成人が対象。28の国・地域の計2万934人が回答した。

変化する旅行先、コミュニティへの影響を配慮する傾向

 新型コロナウイルス感染症による行動変容によって、旅行に対する考え方に変化がみられ、今後の旅行の在り方に新たな価値観が生まれていることが分かった。

 例えば、世界の旅行者の6割以上(63%)、日本の旅行者の約7割(67%)が「混雑した観光スポットは避けるつもりである」と回答。「ピークシーズン中の旅行を避ける」と答えた世界の旅行者は51%(日本55%)、「混雑緩和のためにいわゆる主流な観光地ではない場所に足を運ぶ」と答えた世界の旅行者は48%(日本38%)に上るなど、旅行先の選択に変化がみられる。

 同時に、旅行がより長期的に再生の効果をもたらし、実際にコミュニティの復興に役立つものにしたいと考える人が多いことが分かった。世界の旅行者の68%、日本の旅行者の54%は「旅行に使ったお金が現地コミュニティに還元されることを望んでいる」と回答。世界の旅行者の43%(日本32%)は「旅行に関する選択にさらに配慮することで現地のコミュニティや経済を支えたい」と回答した。

世界的な意識の変化、日本の意識の低さが浮き彫りに

 また、21年3月に別件のオンライン調査を実施した。18歳以上で過去12カ月のうち1回以上の旅行と、21年に旅行する予定があり、旅行に関する決定をした主要または関与した人物が対象。30の国・地域の計2万9349人が回答した。

 調査によると、多くの旅行者は、現地でもサステイナビリティを念頭に置いて過ごしたいと考えているとみられる。世界中の旅行者の81%が「エコフレンドリーな宿泊施設に少なくとも1回は滞在したい」という意志を示し、ベトナムではその割合が100%、コロンビアとインドでは98%となっている。

 一方、日本の旅行者は36%と世界と比較すると意識の低さも浮き彫りになった。また、世界の旅行者の84%は、「目的地を訪れる際に廃棄物を減らしてプラスチックをリサイクルするつもりである」と回答し、同様に回答した人はとくにタイ(94%)、クロアチア、ブラジル(91%)、アルゼンチン(90%)に多かった。日本の旅行者も73%がその意識を持ち、宿泊施設のエコフレンドリーへの意識は低いものの、地球環境全体への配慮は意識していることが分かった。

 また、現在は世界各地で旅行が制限されていることで、今後「サステイナブルな旅行を優先したい」という考えに至った人が83%(日本82%)にも上ることがわかった。この結果から、これから旅行者の間では旅行の際に環境に配慮した選択を心掛け、どんな小さな一歩であれ環境負荷の軽減に貢献できるという意識が広がることが期待できると述べた。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • (北海道)

    最高気温---

    最低気温---

  • (秋田県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (石川県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (東京都)

    最高気温---

    最低気温---

  • (山梨県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (兵庫県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (島根県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (高知県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (宮崎県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (沖縄県)

    最高気温---

    最低気温---