test

全6室の隠れ宿 歴代横綱・大関を癒した温泉 「二百年の農家屋敷 宮本家」

2021年3月16日
営業部:後藤 文昭

2021年3月16日 (火)配信

[写真右から]白鵬関、宮本社長、鶴竜関

 日本唯一の力士の宿――。歴代の横綱、大関を癒した温泉宿が、埼玉県秩父郡小鹿野町にある。

 宮本荘グループの宿「二百年の農家屋敷 宮本家」は、200年以上の歴史を持つ農家屋敷を改修した古民家旅館で、客室は母屋と別邸併せて全6室。囲炉裏や五右衛門風呂など、古き良き日本の生活が体験できると評判だ。

 12代目当主で元幕内力士の宮本一輝社長(元・剣武輝希)は自身のキャリアを生かし、力士の時のようにお客様にファンになってもらえるようグループならではのサービスを日々提供している。 

 料理は、自家製農園の採れたての野菜や果物、清流で育った川魚、奥秩父の山菜や山の幸などの地元の里山素材を囲炉裏などで調理し提供。力士ならではの当主直伝農家屋敷風ちゃんこ鍋は、同館でしか味わえない。また、薪で沸かす五右衛門風呂は全国でも希少な大釜風呂で、日本古来の薪炊きを味わえる体験型の風呂として注目を集めている。

 敷地内には本物の農家の蔵を改造した「蔵BAR」があり、先祖伝来の宮本家独自の製法で造る「山の実酒」を食前酒として提供する。果実酒を含めると50種類以上もあり、当主自らがバーテンダーとなってサービスしてくれるので宿泊客の楽しみの1つとなっている。蔵BARの2階展示室には、宮本家に代々伝わる雛人形や屏風の数々、12代目当主の化粧まわしなどが展示されている。

 同グループの「秩父西谷津温泉旅館 宮本の湯」は、国技館をモチーフにした「土俵露天風呂」と、秩父地域最大の貸し切り露天風呂を備えている。客室数は、通常客室が15室、合宿棟客室が4室で、貸切研修ペンション森の風みやもとを完備。宮本の湯直営の体験型農場「秩父ふるさと村」を利用する人の宿泊が多い。

土俵露天風呂

 「秩父ふるさと村」は、季節ごとの野菜の収穫や川遊び、動物のふれあい、そば打ちなどさまざまな田舎体験ができる。収穫した野菜を使ってピザやカレーを作って食べることや、そば打ち体験で収穫したクルミを「クルミたれ」作りまで体験できる。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • (北海道)

    最高気温---

    最低気温---

  • (秋田県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (石川県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (東京都)

    最高気温---

    最低気温---

  • (山梨県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (兵庫県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (島根県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (高知県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (宮崎県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (沖縄県)

    最高気温---

    最低気温---