test

【北海道】ウポポイー二風谷コタン間に直通バス 10月から

2020年9月14日
営業部:鈴木 克範

2020年9月14日(月)配信

バス車体にはアイヌ文様を取り入れたデザインを施す。

 札幌観光バス(福村泰司社長、札幌市清田区)は2020年10月1日(木)から、北海道の新千歳空港発着、白老町の民族共生象徴空間「ウポポイ」と平取(びらとり)町の二風谷(にぶたに)コタンとを結ぶ周遊バス「セタプクサ号」の運行を始める。両アイヌ文化拠点を結ぶ直通バスの運行は初めて。旅行代金は大人3千円。

 2018年の「北海道」命名150 年、今年7月の「ウポポイ」開業などを機に、アイヌ文化への関心が高まっている。平取町では生活に根付き生業となっているアイヌ文化を「体験して」学び、白老ではアイヌ文化を「見て」学ぶことにより、アイヌ文化への理解・交流を深める環境が整いつつある。一方、両施設を結ぶ直通の交通手段がないことが、2拠点を跨いでのアイヌ文化交流のハードルとなっていた。周遊バスの運行で、新千歳空港と白老を直通で繋ぎ、さらに平取も繋ぐことで、道内外の観光客を問わず、アイヌ文化を気軽に学ぶ環境づくりの一助となることを目指す。バスには添乗員の資格を持つバスガイドが同乗し、各地の見どころやポイントを案内する。

 バスの愛称「セタプクサ」はアイヌ語で「すずらん」の意味。平取町内に、住民によって大切に守られてきた北海道原種のすずらんの、日本一の群生地があることにちなんでいる。

セタプクサ号

 運行日:2020年10月1日(木)~11月5日(木)※ただし月曜日は運休
 運行スケジュール:1日1便運行
  新千歳空港         /午前10:00出発
  ウポポイ   午前11:00到着/午後 1:00出発
  二風谷コタン 午後 2:30到着/午後 4:30出発
  新千歳空港  午後 5:30到着
 ※事前予約で札幌駅(北口)でも乗車(午前8:40)、降車(午後6:30)が可能。
 旅行代金(各税込):
  札幌駅・新千歳空港→ウポポイ→二風谷コタン→新千歳空港・札幌駅 3千円
  札幌駅・新千歳空港→ウポポイ→二風谷コタン          2千円
  ウポポイ→二風谷コタン→新千歳空港・札幌駅         2千円
  ウポポイ→二風谷コタン             1千円
  二風谷コタン→新千歳空港・札幌駅      1千円

事前予約のみ利用可
 問い合わせ:札幌観光バス ツーリズム営業部 電話011-206-0225

2020年9月25日(金)、旅行代金について一部追記・削除を行いました。

 

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • (北海道)

    最高気温---

    最低気温---

  • (秋田県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (石川県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (東京都)

    最高気温---

    最低気温---

  • (山梨県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (兵庫県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (島根県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (高知県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (宮崎県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (沖縄県)

    最高気温---

    最低気温---