test

朝日旅行 令和由来の地などを巡る「万葉集・大伴旅人ゆかりの地めぐり」を売り出す

2019年5月14日
編集部:木下 裕斗

2019年5月14日(火)  配信

さまざまな令和ゆかりの地を巡る。画像はこのうちの大宰府天満宮

 朝日旅行(石森隆社長、東京都港区)はこのほど、改元記念として、新元号「令和」記念企画「万葉集・大伴旅人ゆかりの地めぐり~特別企画『令和』開催の大宰府・九州国立博物館と坂本八幡宮~」を売り出した。 

 同ツアーは、山口県から福岡県にかけて、歌人・大伴旅人が詠った歌碑など万葉集ゆかりの地を訪ねる。山口県では草木の緑と日本海の青い海に映える赤い鳥居が見どころの元乃隅神社(山口県長門市)と映画のロケ地にもなった角島(山口県下関市)の絶景から、響灘を望む本州最西端の毘沙ノ鼻(山口県下関市)を巡る。福岡県は金印出土と万葉集で知られる志賀島(福岡県福岡市)と、新元号記念特別企画「令和」開催中の九州国立博物館(福岡県太宰府市)、「令和」の由来とされる「坂本八幡宮」(福岡県太宰府市)を訪れる。

コースの詳細

新元号「令和」記念企画 【万葉集・大伴旅人ゆかりの地めぐり】
特別企画展「令和」開催の太宰府・九州国立博物館と坂本八幡宮へ

出発日 :令和元年6月26日(水)、7月3日(水)
旅行代金:
東京発着1人11万3千円(1人1室)、10万5千円(2人1室)
大阪発着1人10万3千円(1人1室)、9万5千円(2人1室)

行程概要

 ※⇒飛行機、→バス、=列車、~船、…徒歩
【1日目】
東京発:羽田空港(午前7:00~7:30集合)⇒山口宇部空港→新山口(合流)
大阪発: 新大阪(午前7:50~8:50集合)=新神戸=新山口(合流)
新山口→元乃隅神社(鳥居の赤・木々の緑・日本海の青のコントラストが美しい絶景スポット)→神田(万葉歌碑「昨日こそ 船出はせしか 鯨魚取り 比治奇の灘を 今日見つるかも」)→角島大橋[絶景のドライプスポット]→角島(万葉歌碑「角島の 瀬戸のわかめは 人のむた 荒かりしかど 我がむたは和海藻」)→西長門温泉・ホテル西長門リゾート泊(全室オーシャンビュー、コバルトブルーに輝く海沿いに建つリゾートホテル。温泉大浴場と露天風呂)

【2日目】
ホテル→下関・毘沙の鼻(万葉歌碑「長門なる 沖つ借島 奥まへて 吾が思ふ君は 千歳にもがも」と本州最西端からの海岸美)→関門トンネル→門司港(関門海峡の眺めと大伴旅人ゆかりの地)→福岡・志賀島(万葉歌碑と「金印」発見の島、「志賀の海人は 藻刈り塩焼き いとまなみ 髪梳の小櫛 取りも見なくに」)→キャナルシティ福岡ワシントンホテル泊(中洲周辺など自由夕食)

【3日目】
ホテル→太宰府天満宮(「梅花の宴」を記した万葉集の歌など)…九州国立博物館(新元号記念特別企画「令和」鑑賞)→太宰府政庁跡・坂本八幡宮(大伴旅人邸、新元号「令和」ゆかりの地)→福岡空港
東京着福岡空港から空路羽田空港へ(羽田着午後5:15~6:15ごろ)
大阪着福岡空港から空路伊丹空港へ(伊丹着午後5:00~6:10ごろ)

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • 網走(北海道)

    晴れ

    晴れ

    最高気温26℃

    最低気温14℃

  • 秋田(秋田県)

    晴のち曇

    晴のち曇

    最高気温26℃

    最低気温16℃

  • 金沢(石川県)

    曇のち雨

    曇のち雨

    最高気温26℃

    最低気温17℃

  • 八丈島(東京都)

    曇のち雨

    曇のち雨

    最高気温21℃

    最低気温18℃

  • 河口湖(山梨県)

    曇のち雨

    曇のち雨

    最高気温17℃

    最低気温9℃

  • 神戸(兵庫県)

    雨

    最高気温24℃

    最低気温19℃

  • 松江(島根県)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温26℃

    最低気温20℃

  • 室戸岬(高知県)

    雨

    最高気温21℃

    最低気温17℃

  • 高千穂(宮崎県)

    雨のち曇

    雨のち曇

    最高気温27℃

    最低気温19℃

  • 石垣島(沖縄県)

    曇のち雨

    曇のち雨

    最高気温31℃

    最低気温27℃