test

食の都・庄内をたん能! 奥田政行シェフらが競演 12月9日(日)山形県湯野浜温泉・亀や

2018年11月16日
営業部:鈴木 克範

2018年11月16日(金) 配信

山形県湯野浜温泉の亀やで12月9日(日)、「出羽三山詣」の後、温泉につかり、美食を楽しんだという江戸時代の習わしを、現代版にアレンジした特別メニューを楽しむ企画が開かれる。

 腕を振るうのは、庄内の洋食文化の第一人者で、食の都庄内親善大使の太田正弘氏(フレンチ)、世界の料理人1千人に選ばれた奥田政行氏(イタリアン)、羽黒山参籠所(さんろうじょ)「斎館」の料理長を務める伊藤新吉氏(精進料理)の3人。庄内を代表する料理人の競演が楽しめる。

「庄内」を代表する料理人が夢の競演

日時:2018年12月9日(日)午後6:30から
料金:1万円(税込)
会場:湯野浜温泉 亀や
参加申込み:電話0235(75)2301 「食の競演」係へ

詣でる、つかる、いただきます

 開山1400年の出羽三山のふもとに広がる庄内地方・鶴岡。江戸時代には「月山・過去」「羽黒山・現在」「湯殿山・未来」を巡る、出羽三山詣でが流行した。詣でた後は湯につかり、美食を楽しむ習わしがあり、この地方では「精進おとし」として今も受け継がれている。

新潟県・庄内エリアで大型観光キャンペーンも

 新潟県・庄内エリアデスティネーションキャンペーン(DC)が来年10-12月に行われる。庄内地域と新潟県を対象にしたDCの開催は2009年以来2回目。今年の秋はプレキャンペーンを実施している。

 今回のテーマは「日本海美食旅(ガストロノミー)」。エリア内の豊かな食を軸に、それを育んできた自然や歴史・文化などの背景もあわせて全国に発信する。ガストロノミーとは「美食学」のこと。作り手も食べる側も、「食を通じて地域を知るコト」が、重要かつ目的になっている。今回は総合プロデューサーに雑誌・自遊人(じゆうじん)の岩佐十良編集長を迎え、日本有数の食文化都市をアピールする。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • (北海道)

    最高気温---

    最低気温---

  • (秋田県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (石川県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (東京都)

    最高気温---

    最低気温---

  • (山梨県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (兵庫県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (島根県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (高知県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (宮崎県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (沖縄県)

    最高気温---

    最低気温---