test

「津田令子のにっぽん風土記(81)」温暖な館山でリゾート気分満喫~千葉県館山市編~

2022年1月22日(土) 配信

菜の花が沿道を彩るフラワーライン
館山市観光協会 観光まちづくりセンター室長 木村 義雄さん

 「都心からわずか80分でお越しいただける海と山の両方のリゾートを満喫できるのが館山ではないでしょうか」と、館山市観光協会観光まちづくりセンター室長の木村義雄さんはおっしゃる。

 
 東京都心ではまだまだ寒いこの時期、温暖な館山は既に春の花が咲き始め、花めぐりや甘くて大粒のイチゴ狩りを楽しめる。「のんびりゆったり海と里山」というキャッチココピーがしっくりくる館山市は何度訪ねても新たな魅力に出会える人気のリゾート地だ。

 
 館山城をバックに観梅を楽しめる城山公園は1月中旬に咲き始め2月10日前後に見ごろを迎える。「梅を眺めながらの散策にちょうどいいんですよ。私の朝の日課になっています」と木村さん。「花といえば、伊戸から相の浜までの6㌔の沿道を彩るフラワーラインの菜の花は見事です。都会から訪ねて来られた方は、皆さん喜ばれます」と話す。

 
 それらの名所を効率よく巡れると評判なのが「花海街道サイクリング」と銘打つ電動サイクルだ。台数を50台まで増やし館山サイクリングステーション(館山駅1階にある)で貸し出しを行っている。「5㌔、10㌔と走る方が多いですね。paypayでもお支払いいただけます」。

 
 食は、「やはり館山炙り海鮮丼でしょう」。ネーミングも魅力的なこのどんぶりの由来は、房総半島の最南端に位置する館山市では1年を通して豊富な魚介類が水揚げされる「水産のまち」でもあることを「食」で訴求しようと開発されたもの。地場産食材に徹底的にこだわった新しい「OMOTENASHIご当地グルメ」だ。必ず旬の地場産魚介類を8種類入れる、料金は1800円とするなど、幾つものルールがある。特製の3段どんぶりを使い、上から順に「炙り海鮮」(一の膳)、「刺身」(二の膳)、「彩り花ちらし」(三の膳)となっていて見た目はゴージャス、味も最高とファンは多い。

 

 2月に内容バージョンアップ・料金改定予定だ。ほかにもこの時期ならではの相の浜のうつぼ丼や干物など館山の旬の味も楽しめる。

 
 「昨年、旧館山ファミリーパークの跡地にオープンしたRECAMP館山は平砂浦海岸の目の前にある南国ムードあふれるキャンプ場が新たな観光スポットになるのでは」と木村さん。平砂浦海岸はサーフィンのポイントとしても有名でサンセットがとても美しいビーチだ。椰子の木やトロピカルフルーツなど南国ムードあふれる地で寒い冬を乗りきる旅も、ぜひお勧めしたい。

 

津田 令子 氏

 社団法人日本観光協会旅番組室長を経てフリーの旅行ジャーナリストに。全国約3000カ所を旅する経験から、旅の楽しさを伝えるトラベルキャスターとしてテレビ・ラジオなどに出演する。観光大使や市町村などのアドバイザー、カルチャースクールの講師も務める。NPO法人ふるさとオンリーワンのまち理事長。著書多数。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • (北海道)

    最高気温---

    最低気温---

  • (秋田県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (石川県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (東京都)

    最高気温---

    最低気温---

  • (山梨県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (兵庫県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (島根県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (高知県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (宮崎県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (沖縄県)

    最高気温---

    最低気温---