test

西日本鉄道と福岡国際空港 空港内バスで巡る 福岡観光の新価値へ

2021年10月3日
九州支局:有島 誠

2021年10月3日(日) 配信

福岡オープントップバスの車両

 西日本鉄道(林田浩一社長、福岡県福岡市)と福岡国際空港(永竿哲哉社長、同)は11月6―7日、福岡市内観光で人気のオープントップバスで空港内を巡る新ツアー「福岡空港ビューんとツアー」を実施する。

 新型コロナの影響で落ち込んだ観光需要を回復させ、既存施設やサービスを活用した福岡観光の新たな価値の創造を目指したもの。

 普段は、飛行機までの旅客を輸送するランプバスや、許可された車両のみが走行するエリアを、屋根のない開放的なバスで走行することで、駐機場で待機する飛行機や、滑走路を離着陸する飛行機を間近に見られる。

 運行コースは3種類。Aコースは午前10時30分発で、福岡市の天神を発着点に、福岡空港国内線バス乗り場(手荷物検査場)から、国内線・国際線連絡バス専用道路で国際線に向かい、国際線側出入口(セキュリティ検査)から空港内を経て国内線側出入口など回る。

 Bコースは午後2時30分発と5時発の2本を運行する。空港内を回り、消防庁舎の空港用化学消防車も見せる。

 Cコースは午後8時に出発。滑走路に光り輝く無数の灯火を幻想的に体験する。

 ツアーは税込みで大人は3500円、4歳―小学生までの子供が2720円。申し込み期限は催行4日前まで。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

旅行新聞ホームページ掲載の記事・写真などのコンテンツ、出版物等の著作物の無断転載を禁じます。