test

西日本鉄道 「にしてつバース」開業 仮想空間で車両体験

2023年2月2日
九州支局:有島 誠

2023年2月2日(木) 配信

鉄道3Dモデル(画像は開発段階のもの・西鉄)

 西日本鉄道(林田浩一社長、福岡県福岡市)は1月19日、日本で初めての鉄道とバスのメタバースミュージアム「にしてつバース」を、2月25日にオープンすると発表した。

 メタバースとは、参加者がアバターを操作して自由に行動できる、インターネット上に設定された3次元の仮想空間やそのサービスで、その市場は拡大傾向にある。

 同社でも、メタバースの活用を経営の重点戦略に掲げ、これまで所有していない鉄道とバスのミュージアムを展開して会社の価値と魅力向上をはかり、オリジナルコンテンツに触れてもらうことで、ファン獲得を目指す。

 利用者は、アバターを操作してミュージアムを回遊し、3D車両や各種展示などを鑑賞。電車やバスの車両運転席で、スイッチ操作体験などを楽しめる。 

 さらに、「にしてつバース」内に「にしてつNFTギャラリー」をオープン。データやデジタルコンテンツの唯一性を保証する仕組みのNFT(非代替性トークン)を活用し、車両の写真がデザインされたオリジナルカードをLINE NFT上で販売する。

 バース内にバーチャルイベント会場やサービス提供の場を展開し、メタバース上での企画も展開する。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

旅行新聞ホームページ掲載の記事・写真などのコンテンツ、出版物等の著作物の無断転載を禁じます。