test

じゃらん、お取り寄せスイーツ人気ジャンル発表 編集長セレクトのご当地スイーツも

2020年6月16日
編集部:入江千恵子

2020年6月16日(火) 配信

京都フィナンシェのビイェ・ド・フィナンシェ

 リクルートライフスタイル(淺野健社長)が企画・編集する旅行情報誌「じゃらん」は6月10日(水)、「お取り寄せ」したいスイーツのジャンルや、金額に関するアンケート結果を発表した。

 ランキング1位には、バリエーションの豊富さや日持ち具合いなどを考慮したジャンルのスイーツが選ばれたほか、じゃらん編集長がセレクトしたご当地スイーツも併せて紹介された。

  アンケートは5月25日(月)~26日(火)の2日間、47都道府県在住の20~40代を対象にインターネットで実施。1588人が回答した。

 「お取り寄せしたいと思うスイーツのジャンルは」(複数回答)の問いに、約半数の47.4%が「焼き菓子」と回答した。この結果に、じゃらんでは「パウンドケーキやクッキー、フィナンシェなど種類が多いことや、ある程度日持ちすることなどが選ばれた要因では」と分析する。

 2位は「ケーキ」(42.3%)、3位は「アイス・ジェラート」(30.6%)、4位は「チョコレート」(29.8%)、5位は「バウムクーヘン」(29.3%)と続いた。

 「1回のお取り寄せで使用できる金額は」(単一回答)の質問では、同じく約半数の48.0%が「1000~3000円未満」を選択した。次いで、「3000~5000円未満」(32.6%)、「1000円未満」(10.5%)と続き、手ごろな値段が大半を占めた。

ゼリーのイエ_西編集長

 また、じゃらん編集長が旅先で見つけた各地の「ご当地お取り寄せスイーツ」も紹介。「関東・東北じゃらん」の西尚子編集長は、福島県のカラフルなスイーツ「ゼリーのイエ」を選び、「SNS(交流サイト)でも話題で、宝石のよう。100%ゼラチンの手作りにこだわっている。断面の美しさにも注目してほしい」とコメントした。

アップル&ローゼスタルトS_今西編集長

 「じゃらんムックシリーズ」の今西裕子編集長は、バラのような長野県のタルト「アップル&ローゼスタルトS」を取り上げた。「花びらはすべてリンゴのスライスで表現。まさにバラの花咲くタルトです」と説明。季節によって使う品種も変わるという。

 「関西・中国・四国じゃらん」「九州じゃらん」の長田佳子編集長は、京都のフィナンシェ専門店の「ビイェ・ド・フィナンシェ」を紹介。「小麦粉を使わず、アーモンドの粉末だけを使用。サブレのような食感で、バターの味わいとハチミツのほのかな香りが広がります」とおすすめした。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • (北海道)

    最高気温---

    最低気温---

  • (秋田県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (石川県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (東京都)

    最高気温---

    最低気温---

  • (山梨県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (兵庫県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (島根県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (高知県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (宮崎県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (沖縄県)

    最高気温---

    最低気温---