test

るるぶキッチン、店名をそれぞれ一新 新メニューの提供も

2023年12月1日
編集部:長谷川 貴人

2023年12月1日(金) 配信

秋田県桃豚冷しゃぶサラダ(左上)、熊本県産のトマト(右上)など

 JTBパブリッシング(盛崎宏行社長、東京都江東区)は、直営飲食店舗「るるぶキッチン にくたびと」「るるぶキッチン 酒処 何方此方」の店名を変更した。それぞれ「るるぶキッチン」「るるぶキッチン 立ち飲み」に改名し、12月1日(金)からご当地食材を使用したオリジナルの新メニューの提供を始めた。

 両店舗は、「るるぶ」編集者が全国各地を旅して見つけた“おいしい”を届けるリアル店舗メディア。それぞれでご当地の食材を使用した料理を楽しめるとともに、食材を通じてお客に旅のきっかけ作りを提供する。

 一新した「るるぶキッチン」では、肉料理以外に海鮮や野菜をふんだんに使用し、全国のまだ知られざる食材を活用しながらオリジナル料理を提供するダイニングスタイル。一方、「るるぶキッチン 立ち飲み」は、角打ち風で気軽に立ち寄りながら、ご当地のおつまみと、日本酒やクラフトビールが楽しめる立ち飲み形式とする。

 新メニューでは、各都道府県の代表的なご当地グルメを取りそろえる。青森県自然薯豆腐、秋田県桃豚冷しゃぶサラダ、広島県穴子棒寿司のほか、熊本県産のトマトを使用したメニューを豊富に取りそろえた。アラカルトのほか、コース料理も提供予定。今後も、地域や食材を変えながら、その土地の食材を生かしたオリジナルメニューを提供する「特集フェアメニュー」も展開する。

 リニューアルを記念して、来店客に次の来店から使用できるクーポン券(総額から10%オフ)を12月30日(土)まで配布する。

 営業時間は、るるぶキッチンが午後4:30~11:00、るるぶキッチン立ち飲みが午後1:30~11:00。定休日は不定休(年末年始含む休業日あり)。住所は、東京都新宿区新宿4―2―8 るるぶキッチンビルヂング内。

いいね・フォローして最新記事をチェック

“るるぶキッチン、店名をそれぞれ一新 新メニューの提供も” への 1 件のフィードバック

  1. 私は神戸出身で穴子は明石牛肉は神戸牛パンはドンクで育ちました東京に移り住んでもその味は、忘れられません35年洋風居酒屋経営し3年前に閉店しました骨折したためです。是非新宿に行く事が有れば行かせていただきます。

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

旅行新聞ホームページ掲載の記事・写真などのコンテンツ、出版物等の著作物の無断転載を禁じます。