test

三陸鉄道、今冬も「こたつ列車」運行 来年40周年迎えイベントを企画中

2023年11月29日
編集部:増田 剛

2023年11月29日(水) 配信

伊藤史章副主任(左)と「なもみ」に扮する根岸純さん

 三陸鉄道(岩手県宮古市)は今年で18回目となる「こたつ列車」を、12月16日(土)から2024年3月24日(日)までの土・日・祝日に運行する。

 久慈駅を午後12時7分発~宮古駅午後1時50分着と、宮古駅午後2時42分発~久慈駅午後4時40分着を予定。1月1~3日も運行する。

 お弁当は「大漁舟唄御膳」(3200円)に加え、「うに丼」(2500円)、「あわび弁当」(1850円)、「ほたて弁当」(1350円)から選べる。乗車日2日前の午後1時までに要予約。

 アテンダントによる車内ガイドのほか、鬼の格好をした「なもみ」が車内に突然現れるイベントも大好評だ。「記念乗車証」のプレゼントもある。宮古駅から乗車するとイボンヌのシュークリーム(インスタントコーヒー付き600円)の予約も可能。

 合わせて、今年で6回目を迎える「洋風こたつ列車」も12月9日(土)から23年2月25日(日)までの土・日・祝日に運行する。

 11月29日には、三陸鉄道旅客営業部の伊藤史章副主任と、「なもみ」に扮する宮古駅駅務係の根岸純さんが本紙を訪れ、「『こたつ列車』もようやく認知度が高くなってきました。『洋風こたつ列車』とともに体験してほしい」と語った。さらに「来年は三陸鉄道40周年を迎え、さまざまなイベントも企画しています」とPRした。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

旅行新聞ホームページ掲載の記事・写真などのコンテンツ、出版物等の著作物の無断転載を禁じます。