test

Web予約座席指定サービス「PRiVACE」 24年夏ごろ導入(阪急電鉄)

2023年11月21日
編集部:馬場遥

2023年11月21日(火) 配信 

外観イメージ

 阪急電鉄(嶋田泰夫社長、大阪府大阪市)は2024年夏ごろ、同社初となる座席指定サービス「PRiVACE」(プライベース)を導入する。専用Webサイトから列車と座席を選んで予約が可能。運賃のほかに、座席指定料金が必要となる。

 ネーミングコンセプトとして、PRIVATE(プライベート)とPRICE(プライス)を掛け合わせ、「自分時間」が過ごせるプライベート感を表現した。

 京都線の新型特急車両2300系と、同線で特急車両として運行する9300系(一部)の4両目に設定する予定。

 24年夏ごろから1時間当たり2~3本の頻度でサービスを開始する。その後、順次増やしていき、25年ごろには1時間当たり4~6本に拡大していく。

イメージ

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

旅行新聞ホームページ掲載の記事・写真などのコンテンツ、出版物等の著作物の無断転載を禁じます。