test

読売旅行、新システム連携で DP旅行商品を販売開始

2022年11月30日
編集部:長谷川 貴人

2022年11月30日(水)配信

読売旅行トップページ

 読売旅行(坂元隆社長)は創立60周年を迎えた11月28日(月)、ダイナミックプライシング(DP=変動価格制)に対応した新しい旅行基幹システムを稼働させ、オンライン予約サイトでDP型の旅行商品を売り出した。

 DP型旅行商品は、往復航空券と宿泊を自由に組み合わせられる個人型商品。空席・空室状況によって常に最新の旅行代金で予約できるほか、読売旅行が長年掛けて培ったツアーのノウハウを生かした周遊プランなども組み込む。

 今回のDP商品は、周年を迎えた同社と12月に創立70周年を迎える全日本空輸(ANA)が連携して運用開始するもの。直前でも予約可能で、全国の空港発着の商品が購入できて自由にフライトを組み合わせられる。

 同社は、旅行業界で初めてクラウド型の基幹システム「Dream Journey Cue(DJCue)」を採用した。ツアー型検索システム「フォルシアWebコネクト」と、宿泊施設の予約・販売管理システム「TL-リンカーン」をDJCueで連携。これにより、条件が複雑な検索でも瞬時に結果が表示でき、お客の利便性を高め、こだわりに応えるツアーを提供するという。

 申し込みや詳細は、読売旅行「新しい旅のカタチ」Webページから。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

旅行新聞ホームページ掲載の記事・写真などのコンテンツ、出版物等の著作物の無断転載を禁じます。