test

JNTO、東京五輪開催前・期間中の情報発信強化 海外市場に「日本は次の旅行先として魅力と伝える」

2021年6月24日
編集部:入江千恵子

2021年6月24日(木) 配信

金子正志理事が説明した

 日本政府観光局(JNTO、清野智理事長)は6月22日(火)、東京都内の本部で会見を開き、米国の放送局「NBC」などグローバルメディアを通じた海外市場への広報戦略と、今後の対応としてアクセシビリティの情報発信やサステナブル・ツーリズムの推進などについて説明を行った。金子正志理事は「五輪を開催する日本は、次の旅行先として魅力だと伝えていく」と述べ、海外市場への情報発信強化を継続することを確認した。

 東京五輪の開催に向け、JNTOでは今春からNBCのほか、欧州や中国、東南アジアのテレビメディアにおいて、日本の食やスポーツ体験などを紹介する番組を放送。なかでも、NBCと東南アジアのFOX SPORTSは、五輪開催前と期間中に週30本程度のコマーシャル(CM)も放映する。フランス国営放送では3月から、聖火リレーのようすを1分にまとめた番組を週2本ペースで18週にわたって放送している。

 このほか、海外メディアへの情報発信を強化。五輪・パラリンピックを切り口に、スポーツと観光を組み合わせた情報や、各地の知られざる魅力を紹介するニュースレターを配信している。

 五輪期間中に来日する海外メディアの対応について、金子理事は「メディアツアーが実施できるかどうか状況をみているところ。国の決定するフレームワークに基づいて、どこまでできるか暗中模索の状態」と述べた。そのうえで「可能性はゼロではないが、厳しいことは認識している。メインプレスセンターなどではオフラインで情報提供するが、主体はオンラインになってしまうだろう」との認識を示した。

 当初は、海外メディアを対象にした地方へのメディアツアーを計画していたが、GPS機能などで厳格な行動管理が想定されることから、メディア向けのWebサイトでの発信を活用するほか、問い合わせ対応、地域につなぐパイプ役としての役割を果たしていく。

SDGsにも貢献 持続可能な観光を 

 パラリンピック開催を契機に、日本が旅行先として選ばれるための対応にも着手している。アクセシビリティ(利用しやすさ)の確保された国であることを発信し、障害者や高齢者など誰もが楽しめる旅行先として選ばれることを目指す。

 また、JNTOでは「SDGsへの貢献と持続可能な観光(サステナブル・ツーリズム)の推進に係る取組方針」を策定。①サステナブル・ツーリズムの推進に取り組む日本の地域や観光コンテンツ(アクティビティや観光・飲食・宿泊施設など)の海外向け情報発信②国内関係者への国内外の先進事例の情報提供③海外の旅行者に対する「責任ある旅行者(レスポンシブル・トラベラー)」としての行動の奨励④人種や国籍、民族や宗教、ジェンダーや年齢、障害の有無などに関係なく、すべての旅行者が日本において快適で安全・安心な旅行ができるようなユニバーサル・ツーリズムに資する情報発信――を推進していく。

 持続可能な観光には、地域の「環境」「文化」「経済」を守り、育むことが必要であると捉え、サスティナブル・ツーリズムの推進に取り組む地域や観光コンテンツの情報発信、国内外の先進事例の情報提供などを通じて、「持続可能な観光先進国」の実現に取り組んでいく。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • (北海道)

    最高気温---

    最低気温---

  • (秋田県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (石川県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (東京都)

    最高気温---

    最低気温---

  • (山梨県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (兵庫県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (島根県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (高知県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (宮崎県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (沖縄県)

    最高気温---

    最低気温---