test

10月の宿泊稼働指数 東北・関東が大幅に改善 九州経済調査協会調べ

2020年11月10日
編集部:馬場遥

2020年11月10日(火) 配信

宿泊稼働指数の推移(全国)

 九州経済調査協会(髙木直人社長、福岡県福岡市)はこのほど、「日次宿泊稼働指数」を活用して、新型コロナウイルス感染拡大による宿泊施設への影響を分析した。今年10月末時点で、東北や関東地方の改善が目立つ結果になった。

 10月の全国の宿泊稼働指数は41・3となり、前月(32・0)よりも9・3㌽高い水準になった。最低値の今年4月(4・8)から、6カ月連続で改善している。

 同社は、Go Toトラベルキャンペーンの対象に東京発着の商品が追加されたことで、「稼働の回復トレンドが続いた」と考える。

 10月の地域ブロック別では、東北が57・2、中国が55・7、北海道が53・1と地方圏で水準が高かった。

 一方で南関東(29・1)、近畿(32・9)、東海(36・6)など、大都市や沖縄(37・4)が低く推移した。

 前月比でみるとすべてのブロックでプラスとなり、東北(同14・8㌽増)、北関東(同14・3㌽増)、南関東(同11・9㌽増)、沖縄(同11・9㌽増)などの地域で改善幅が大きかった。

 都道府県別では、山口県を除く46都道府県で前月差プラスとなった。東北、北関東諸県での回復幅がとくに大きい。岩手、秋田、群馬、福井、滋賀、山口県の6県では前年を上回った。

 調査結果から、Go Toに東京が加わったことで「地方から東京への観光・出張需要や、東京内における需要が喚起されたことが示唆される」と分析する。

 調査は同社が収集したビッグデータを活用し行われた。

都道府県別宿泊稼働指数・前年差・前月差(2020年10月)

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • (北海道)

    最高気温---

    最低気温---

  • (秋田県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (石川県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (東京都)

    最高気温---

    最低気温---

  • (山梨県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (兵庫県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (島根県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (高知県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (宮崎県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (沖縄県)

    最高気温---

    最低気温---