test

「味のある街」「ダミエ」――マッターホーン(東京都目黒区)

2020年4月4日(土) 配信
 
マッターホーン (MATTERHORN)の「ダミエ」▽東京都目黒区鷹番3-5-1▽火曜(祝日の場合は営業)

 創業は1952年。東京都内の老舗洋菓子店ランキングでも、必ず上位に名前が上がるほどの人気店だ。淡いオレンジ色の包装紙の愛らしい女の子の絵は、鈴木信太郎画伯の作品で店の代名詞にもなっている。店の奥に喫茶室もあるので家まで待ちきれない方は、その場ですぐに食べられるのも魅力だ。どれだけ人気店となっても支店を出さず、一店舗主義を貫いているこだわりのスタイルも、地元の方々から長年愛されている理由だろう。
 
 バームクーヘンや焼き菓子にチョコレート、期間限定のモカソフトなど人気の品はたくさんあるけれど、1番のおすすめは「ダミエ」という名のケーキだ。
 
 チョコレートのコーティングの中に、プレーンとチョコの2種のスポンジとバタークリームが挟まれていて、綺麗な市松模様が特徴だ。このバタークリームの美味しさはピカイチだ。濃厚なバターのコクと風味、口の中でなめらかにとろけるクリームが、最高に美味しいのだ。
 
 外側のパリパリなミルクチョコは甘め。だけど、中は甘さを控えたバタークリームに覆われた卵味とチョコ味のスポンジが交互に入っているので、微妙な味の違いも楽しめる。1カット300円というリーズナブルな価格もありがたい。バタークリームにありがちな、重たい感じや油っぽい食感はまったくなく、ひたすらなめらかですっきりしている。口に入れた瞬間、バタークリームの魅力に降参してしまう。ダミエを食べてバタークリームの世界に目覚める方も多いとのこと。
 
 どこか懐かしく優しい味で、ほっこりすること請け合いだ。このダミエを松任谷由実さんも贔屓にしていて、幾つもの感動的なコメントを寄せられているという。
 
 喫茶室では、今年も4月16日正午から、毎週水曜日に待ちに待った季節限定「モカソフト」の販売が始まる。数に限りがあるのでお早めに。もちろんダミエも忘れずに。
(トラベルキャスター)
 

 

津田 令子 氏

 社団法人日本観光協会旅番組室長を経てフリーの旅行ジャーナリストに。全国約3000カ所を旅する経験から、旅の楽しさを伝えるトラベルキャスターとしてテレビ・ラジオなどに出演する。観光大使や市町村などのアドバイザー、カルチャースクールの講師も務める。NPO法人ふるさとオンリーワンのまち理事長。著書多数。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • (北海道)

    最高気温---

    最低気温---

  • (秋田県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (石川県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (東京都)

    最高気温---

    最低気温---

  • (山梨県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (兵庫県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (島根県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (高知県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (宮崎県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (沖縄県)

    最高気温---

    最低気温---