test

広島初の大規模現代アートの展覧会 2020年9月「ひろしまトリエンナーレ2020 in BINGO」開幕へ

2019年10月9日
営業部:後藤 文昭

2020年10月9日(水) 配信

湯﨑英彦県知事(中央左)と中尾浩治氏(中央右)

 広島県で2020年9月12日、「ひろしまトリエンナーレ2020 in BINGO」が開幕する。同県で大規模な現代アートの展覧会が開催されるのは初めて。会期は11月15日までの65日間で、テーマには「Beyond」を掲げる。

 三原市と尾道市、福山市の中心部と百島、小佐木島にあるかつて多くの地域住民で賑わいを見せていた場所や施設など約20施設を会場に選定した。同地域で活動中の地域に根差したアート活動団体と連携し開催するのも特徴だ。

 芸術祭では日本人作家の作品を多く展示し、海外からの来場者に日本の作品の魅力を発信する。併せて、若手作家を対象としたアートコンペの開催などを通じ、若手芸術家の活動の場を提供する。

 また、瀬戸内の食や広島の自然豊かな風景などの魅力にも触れられるさまざまな企画も展開する予定だ。

 東京都内で10月9日、ひろしまトリエンナーレ2020 in BINGO第1次企画発表会が開かれ、主催するひろしまトリエンナーレ実行委員会が概要などを説明した。

 実行委員長を務める広島県の湯﨑英彦県知事は、同じ時期に開催される国際的なサイクリングイベントやせとうち広島デスティネーションキャンペーンに触れ、「これらとともに、開催エリアの観光スポットや食など県の多彩な魅力を発信し、瀬戸内を盛り上げていきたい」と力を込めた。

 総合ディレクターの中尾浩治氏は、香川県の瀬戸内国際芸術祭、岡山県の岡山芸術交流と連携し「瀬戸内海トライアングル」を形成したい考えを示した。「瀬戸内海の多島美には、現代アートがよく合う。3つの芸術祭を結んだ瀬戸内海トライアングルという流れを築きたい」と語った。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • 網走(北海道)

    晴れ

    晴れ

    最高気温15℃

    最低気温7℃

  • 秋田(秋田県)

    晴れ

    晴れ

    最高気温20℃

    最低気温10℃

  • 金沢(石川県)

    晴のち曇

    晴のち曇

    最高気温22℃

    最低気温13℃

  • 八丈島(東京都)

    雨時々曇

    雨時々曇

    最高気温23℃

    最低気温21℃

  • 河口湖(山梨県)

    曇時々晴

    曇時々晴

    最高気温19℃

    最低気温13℃

  • 神戸(兵庫県)

    晴のち曇

    晴のち曇

    最高気温25℃

    最低気温17℃

  • 松江(島根県)

    晴れ

    晴れ

    最高気温22℃

    最低気温13℃

  • 室戸岬(高知県)

    晴のち曇

    晴のち曇

    最高気温23℃

    最低気温19℃

  • 高千穂(宮崎県)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温22℃

    最低気温14℃

  • 石垣島(沖縄県)

    曇のち晴

    曇のち晴

    最高気温27℃

    最低気温24℃