test

18年上半期で1500万人突破、訪日外国人旅行者好調さ続く 観光庁

2018年7月20日
編集部:平綿 裕一

2018年7月20日(金) 配信 

訪日外国人旅行者数18年上半期

 日本政府観光局(JNTO)によると、2018年6月の訪日外国人旅行者数は前年同期比15・3%増の270万4500人だった。18年4月の単月過去最高の約290万人に次ぐ、歴代2番目に多い数値となった。

 主要20市場ではインドネシアが同42・2%増の5万6100人、米国が同17・2%増の16万1700人で、単月として過去最高。残りの18市場は6月として過去最高だった。欧米豪の全9市場では、2カ月連続の前年同月比2ケタ増を記録した。上半期(1―6月)をみると、同15・6%増の1589万8900人と好調だ。初の年間3千万人突破へ弾みがついてきた。

 20年に4千万人などの目標に向け、政府は欧米豪地域を重要な市場として位置付けている。田村明比古観光庁長官は7月18日の会見で、順調に伸びている欧米豪市場について「かなりプロモーションに力を入れていることもあり、認知度向上の努力が徐々に功を奏してきている」と述べた。

 このほかタイをはじめアジア諸国を中心に、LCC(格安航空会社)などの新規就航で航空便数が増えたことが、訪日外国人旅行者数の底上げにつながった。

 一方で、自然災害により好調さにブレーキがかかった国・地域もあった。6月18日に大阪北部地震が発生。とくに訪日韓国人は18日を境に鈍化した。これまでは堅調な伸びが続いていたが、6月は同6・5%に留まった。

 田村長官は「東アジア地域は、少なからず地震の影響があったということ。さらに7月は地震の影響が若干残るだろうし、西日本豪雨もあった。これらの影響も考えられ、市場の動向を注視する必要がある」と強調した。

※欧米豪市場は、豪州、米国、カナダ、英国、フランス、ドイツ、イタリア、ロシア、スペインの9市場

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • 網走(北海道)

    晴時々曇

    晴時々曇

    最高気温19℃

    最低気温11℃

  • 秋田(秋田県)

    晴時々曇

    晴時々曇

    最高気温24℃

    最低気温13℃

  • 金沢(石川県)

    曇り

    曇り

    最高気温23℃

    最低気温18℃

  • 八丈島(東京都)

    雨時々曇

    雨時々曇

    最高気温26℃

    最低気温22℃

  • 河口湖(山梨県)

    曇のち雨

    曇のち雨

    最高気温17℃

    最低気温15℃

  • 神戸(兵庫県)

    曇時々晴

    曇時々晴

    最高気温26℃

    最低気温21℃

  • 松江(島根県)

    曇り

    曇り

    最高気温24℃

    最低気温20℃

  • 室戸岬(高知県)

    晴のち曇

    晴のち曇

    最高気温24℃

    最低気温21℃

  • 高千穂(宮崎県)

    晴のち曇

    晴のち曇

    最高気温25℃

    最低気温17℃

  • 石垣島(沖縄県)

    曇時々晴

    曇時々晴

    最高気温32℃

    最低気温26℃