test

分散型ホテル、10月京都にオープン(アンゴホテルズ)

2018年5月23日
編集部:飯塚 小牧

2018年5月23日(水) 配信

ENSO ANGO麩屋町通Ⅰ(イメージ)

 

ホテル運営会社のアンゴホテルズ(十枝裕美子社長、京都府京都市)は10月15日(月)、京都にディスパーストホテル(分散型ホテル)の「ENSO ANGO(エンソウアンゴ)」をオープンする。5棟の点在した宿を1つのホテルとして運営する。5棟にはそれぞれの機能を持たせ、宿泊客が回遊することで地域に溶け込み、地域と一体感のある新しい旅のスタイルを提案したい考え。日本国内の都市部では今までにないタイプの宿という。なお、ホテルのオーナーはグローバル・エルシード(永嶋康雄社長、東京都新宿区)。

 同社は昨年設立した会社で、名前は禅の「安居」(あんご)=「心やすらかに生活する」からつけられた。同社のホテルで過ごす時間や体験が「安居」となるよう願いを込めたという。新しいホテルは同社の第1号ホテルで、「ENSO」は社名と同様に禅の言葉「円相」から名付けられている。円相とは真理と向き合うための象徴で、無限の宇宙を示すもの。完成形のない生きたホテルとして、人と人や出来事との出会いが無限の可能性を秘めていることなどをイメージした。

十枝社長(中央)とクリエーターたち

 5月22日(火)に東京都内で開いた会見で、十枝社長は新ホテルの考え方として「ないものは補完し合う」「体験はコミュニケーションに始まる」の2点を挙げた。1つの完全なホテルをつくるのではなく、バーやレストランなど徒歩圏内にある5つの棟にそれぞれの機能を持たせることで、街中の回遊を促す。そうすることで施設内だけではなく地域と一体化した顧客体験を提供できると考える。「地域とゲストをつなぐ役割をしたい。京都にはさまざまな国の人が訪れるが、共通する価値観もある。それをENSOがつなぎ、皆が友人を訪ねたようにくつろげる空間を提供したい」と意気込んだ。

 ENSO ANGOのディレクションは内田デザイン研究所が担う。また、各棟の手水や家具、内装などはそれぞれ異なるクリエーターのアートやデザインが施されるのも特徴の1つ。会見には参画するアーティストらも登壇し、それぞれの想いを語った。

 5棟の設計・デザインやキャパシティ、部屋タイプはそれぞれ異なるが、料金の平均価格は2~3万円を想定する。総客室数は229室で、各部屋2~3人利用となる。いずれの宿泊者でもチェックインできる「どこでもチェクイン」などを導入する予定だ。

 同社では今度も同様のホテル展開を拡大していく考え。地域活性化に長年取り組んできた十枝社長は「地域の1つの問題として、遊休地が点在していることがある。地上げをしながら大きな建物を建てることは、文化や街自身を壊しながら新しいものをつくることになりがち。地域のカタチに沿いながら新しいものを生んでいく手法として、ディスパーストホテルは今後も大切にしていきたい考え方だ」と語った。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • 網走(北海道)

    曇時々晴

    曇時々晴

    最高気温-1℃

    最低気温-9℃

  • 秋田(秋田県)

    暴風雪

    暴風雪

    最高気温3℃

    最低気温-1℃

  • 金沢(石川県)

    雪時々曇

    雪時々曇

    最高気温5℃

    最低気温3℃

  • 八丈島(東京都)

    曇り

    曇り

    最高気温14℃

    最低気温11℃

  • 河口湖(山梨県)

    晴時々曇

    晴時々曇

    最高気温7℃

    最低気温-2℃

  • 神戸(兵庫県)

    曇時々晴

    曇時々晴

    最高気温10℃

    最低気温6℃

  • 松江(島根県)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温9℃

    最低気温5℃

  • 室戸岬(高知県)

    晴れ

    晴れ

    最高気温11℃

    最低気温7℃

  • 高千穂(宮崎県)

    晴れ

    晴れ

    最高気温8℃

    最低気温1℃

  • 石垣島(沖縄県)

    曇り

    曇り

    最高気温22℃

    最低気温19℃