二階氏続投、新体制へ、国内観光の活性化はかる(ANTA)

  • 2017-7-11

二階氏が続投

 全国旅行業協会(ANTA、二階俊博会長、5506会員)は6月29日に東京都内で第53回定時総会を開いた。任期満了に伴う役員改選で二階会長が再任。副会長は近藤幸二氏(全観トラベルネットワーク社長、岡山県)と、國谷一男氏(国谷観光社長、栃木県)が続投となり、永野末光氏(西日本トラベルサービス社長、大阪府)が新たに就任。新体制を整えて地域に寄り添い、国内観光の活性化をはかる。

 二階会長は「旅行業界は発展していくように持っていかなければならない。『ANTAここにあり』といわれるように皆さんも頑張ってほしい」と会員らを鼓舞した。

 来賓では観光庁の田村明比古長官があいさつ。政府が掲げる数値目標の達成に向け「キーワードは地方と消費だ」と述べ、「皆さんは地旅の推進など地域に根ざした活動に取り組まれてきた。まさに主役になるべきときだ」とANTAの活動に期待感を示した。

 2017年度事業計画では18年2月に「第13回国内観光活性化フォーラムin 高知」を開き、国内観光の振興に努める。旅行業法の改正内容などについては説明会を開き、今後の通達、省政令、ガイドラインの周知と情報共有をはかる。

 一方、今年は日中国交正常化45周年に当たる。近隣諸国をはじめ、アセアン諸国を中心に双方向の人的交流促進事業に取り組んでいく。このほか、地域の観光資源を活用した着地型旅行やニューツーリズム、ユニバーサルツーリズムを推進していく。

 総会では会長表彰も行われ、17年度は総計107人(社)が受賞した。総会後には懇親会が開かれ、多くの政治家や関係団体の代表らが駆けつけ盛会裡に終了した。

 なお、事務所を現在の港区虎ノ門から、同区赤坂4丁目の赤坂SHASTA・EASTビルに10月を目途に移転する。

(左から)専務理事の有野氏、副会長の近藤氏、國谷氏、永野氏

 新役員は次の各氏。

 【会長】二階俊博【副会長】近藤幸二▽國谷一男▽永野末光【専務理事】有野一馬【常任理事】浅子和世▽岩本公明▽北敏一▽駒井輝男▽髙橋幸司▽中川宜和▽花岡正雄▽藤田雅也▽山中盛世▽和田雅夫

ページ上部へ戻る