test

奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島 世界遺産に

2021年7月27日
営業部:後藤 文昭

2021年7月27日(火) 配信

アマミノクロウサギⒸ鹿児島県

 ユネスコの世界遺産委員会は7月26日(月)、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」を世界遺産一覧表へ記載することを決定した。

 「資産が位置する列島の中部と南部の独特で豊かな生物多様性の生息域内保全において、極めて重要な自然の生息地を包含している」ことが評価された。

 同資産は、鹿児島県の奄美大島と徳之島、沖縄県の沖縄島北部と西表島の4つの地域から構成される。総面積は約4万3000㌶。イリオモテヤマネコやアマミノクロウサギ、ヤンバルクイナなど、IUCN のレッドリストの絶滅危惧種95種(そのうち75種は固有種)を含む陸生動植物の生息・生育地となっている。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • (北海道)

    最高気温---

    最低気温---

  • (秋田県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (石川県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (東京都)

    最高気温---

    最低気温---

  • (山梨県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (兵庫県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (島根県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (高知県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (宮崎県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (沖縄県)

    最高気温---

    最低気温---