test

JTB、来年4月から証憑書類を電子保存化・関連業務をデジタル化へ 年間約7億円の経費削減見込む

2020年12月21日
編集部:入江千恵子

2020年12月21日(月) 配信

業務フローのデジタル化を推進

 JTB(山北栄二郎社長)は2021年4月から、証憑(しょうひょう)書類の電子保存化・関連業務のデジタル化と、法人顧客との電子契約を開始する。ツーリズム業界のデジタル化推進に向け、業務フローをデジタル化することで年間約570万枚以上のペーパーレス化と、年間約7億円以上の営業経費削減に取り組む。

 同社では、独自に開発・構築した証憑取込アプリケーション「STAP」と、文書管理システムを既存のシステムと連携する。これまで、紙で保管していた年間約570万枚におよぶ請求書や領収書、契約書など証憑書類を電子保存化に切り替えることで、従来のファイリング業務や保管作業など関連業務の削減、保管スペースなどの経費削減に取り組む。コスト削減額は約7億円以上を見込む。現在、法人顧客などと進めている電子契約・電子署名は、21年4月1日(木)から始める。

 システムは、富士ゼロックスとインフォディオと協働で構築。法要件に則した証憑書類の電子保存化の実現のほか、添乗業務の効率化をはかる。

 稼働後は、書類をスキャンやスマートフォンで撮影し、データを取込・保管することで、遠隔地からでもデータの検索や監査が可能となる。また、添乗関連業務でも同様に、スマートフォンを使って領収書の撮影や明細書作成を行い、パソコンに取り込むことで電子画像での保管が可能となる。

業務改善のイメージ
添乗関連業務の改善のイメージ

 また、グループ会社のJTBビジネスソリューションズ提供の経費精算システム「J’s NAVI NEO」を活用し、一般経費や交通費、出張旅費などの証憑書類も電子保存化し、社全体の業務効率化をはかっていく。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • (北海道)

    最高気温---

    最低気温---

  • (秋田県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (石川県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (東京都)

    最高気温---

    最低気温---

  • (山梨県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (兵庫県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (島根県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (高知県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (宮崎県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (沖縄県)

    最高気温---

    最低気温---