test

JTB、学校にNGO派遣 新プロジェクト始まる

2020年10月5日
編集部:木下 裕斗

2020年10月5日(月) 配信

村尾信尚氏

 JTB(山北栄二郎社長)は9月1日(火)、ジャパン・プラットフォーム(JPF)と連携し、学校とNGOをつなぎ、探求学習をサポートする17 GOALs PROJECTを開始した。JTBが学校からSDGsを教育する講師の派遣依頼を受け、世界の社会課題の解決に取り組むJPFが、加盟する44のNGOから講師を派遣する。生徒には加盟NGOの活動内容と現実味のある学びの場を与える。

 参加費は、JTBが受け取る代金のうち1%を学校がJPFへ寄付し、活動費に充てる。

 9月18日(金)には、プロジェクトの第1弾となる授業が、中央大学付属高校(東京都小金井市)で行われた。講師はJPFの顧問でNEWSZEROの元メインキャスターの村尾信尚氏が務めた。授業は基調講演と座談会を開催し、最後には鼎談を実施した。

 基調講演のテーマは「新しい時代の君たちへ」。初めに村尾氏はニュースキャスターの経験から、「ニュースには、伝える人の主観が込められている。さまざまなテレビや新聞を見てほしい」と呼び掛けた。

基調講演のようす

 Go Toトラベルキャンペーンと今年4月に10万円の特別定額給付金が配られたことにも触れた。村尾氏は「財源には皆さんが払った税金が活用されている。政治に興味を持ち、意見を伝えるべき」と訴えた。

 座談会では、選択授業でSDGsを学ぶ生徒が村尾氏に質問した。

生徒は座談会で質問を投げ掛けた

 2年生の女子生徒は基調講演に関連して「中立的なメディアはありますか」と問い掛けた。

 村尾氏は「(存在するか)分からない。私は中立を心掛けたが、難しい。色々なニュースに触れて中立を掴んでほしい」と応えた。

 鼎談には村尾氏とJTBの檜垣克己執行役員が登壇した。司会は同高校の古澤康久教頭が務めた。テーマは「これからの教育に求められること」とした。

鼎談のテーマは「これからの教育に求められること」。(左から)檜垣克己執行役員、村尾信尚氏、古澤康久教頭

 冒頭、古澤教頭はJTBの檜垣執行役員に企業の立場から教育に求めることを聞いた。

 檜垣氏は「生徒には世の中の環境が激変するなか、自分は何ができるかを明らかにし、実行する力が求められる」と意見を述べた。

 村尾氏には教育現場でのメディア活用方法を尋ねた。

 村尾氏は「生徒に世の中の出来事を伝えるときには、『一部の人が意見を述べていると思ってみてほしい』と教えてほしい」と話した。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • (北海道)

    最高気温---

    最低気温---

  • (秋田県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (石川県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (東京都)

    最高気温---

    最低気温---

  • (山梨県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (兵庫県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (島根県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (高知県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (宮崎県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (沖縄県)

    最高気温---

    最低気温---