test

明治150年事業、「萩・食づくし」開催 

2018年10月18日
営業部:後藤 文昭

2018年10月18日(木) 配信

食で未来につなぐ

山口県萩市は10月20日(土)から、“食”をテーマとしたイベント「萩・食の祭典 つながる、ひろがる、萩・食づくし」を行う。明治維新150年記念事業の一環。「萩食談」と「萩食祭レストラン」、「スタンプラリー」の3構成で行われる。

 「萩食祭レストラン」では開催期間中、宇部フロンティア大学付属香川高等学校食物調理科の生徒が、萩ふるさと大使の奥田政行シェフによる指導のもとメニューを考案。シロサバわかめライスコロッケやあまだいのかわり揚げ丼など、市内14店舗で“萩の食材”を使った特別メニューが楽しめる。また「萩食談」では、「偉人の食卓」、「和の食卓」、「ジオの食卓・地球を食べる食卓」、「開運の食卓」をテーマにトークショーが行われる。

「萩・食の祭典 つながる、ひろがる、萩・食づくし」概要

萩食祭レストラン

参加協力店:

1:萩暦・シロサバわかめライスコロッケ

2:割烹千代・フグ巻き寿司

3:玄(みどりや)・見蘭牛のネバネバ茶づけ

4:高大・むつみ豚のステーキ

5:ダイニングまめだ・イカづくし丼

6:萩の宿 常茂恵・あまだいのトマトのうま辛ダレかけ

7:ブラッセリ―ラボ・長萩和牛のクリーム煮、萩トロドリア

8:末益 ・

瀬付きあじとアボガドの大和いも寄せ、瀬つきあじのなめろう、瀬つきあじのたたき、瀬つきあじの簡単コブじめのレンコンばさみ

9:維新亭・あまだいのかわり揚げ丼

10:萩本陣・萩ッシュ

11:萩元気食堂・ピザせんべい

12:かばやん・ パンナコッタの夏みかんソースかけ

13:寿司 一清・ 瀬つきあじのハンバーグ

14:炉端ぶち・ あまだいと20世紀梨のタルタル、あまだいと萩産白魚のなめろう

スタンプラリー

 開催期間中に市内の協力店舗に設置されているスタンプを集めると、萩の食や明治維新にまつわる賞品がもらえる。また、特別メニューを提供している協力店舗(3カ所)で食事をしスタンプを集めると、萩の食や明治維新にまつわる
賞品がもらえるほか、併せて抽選で萩の豪華食材をプレゼントも行う。

 スタンプラリー景品引換場所及び景品:

道の駅萩しーまーと:松陰先生禁断の大福もち

萩・明倫学舎:萩にゃんクリアファイル

萩博物館:特製 高杉晋作ノート

萩食談

URL:

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

旅行新聞ホームページ掲載の記事・写真などのコンテンツ、出版物等の著作物の無断転載を禁じます。