test

オーバーツーリズム未然防止・抑制事業 先駆モデル20地域を選定へ(観光庁)

2024年3月26日
編集部:馬場遥

2024年3月26日(火) 配信

観光庁はオーバーツーリズムの未然防止・抑制事業で、先駆モデル20地域を選定した

 観光庁は3月26日(火)、「オーバーツーリズムの未然防止・抑制による持続可能な観光推進事業」の「先駆モデル地域型」20地域と、「一般型」51件を選定した。

 国内外の観光需要が急速に回復するなか、観光客が集中する一部の地域や時間などによって、過度の混雑やマナー違反による地域住民の生活への影響や、旅行者の満足度低下への懸念も生じている。同庁は、観光客の受け入れと、住民の生活の質の確保を両立しつつ、地域自身があるべき姿を描いて、地域の実情に応じた具体策を講じることが必要とした。

 同事業では、総合的な支援として、オーバーツーリズムの未然防止・抑制に向け、住民を含めた地域の関係者による協議の場の設置や、協議に基づく計画策定、取り組みに対する包括的な支援を行う。

 今回先駆モデル地域として選ばれた地域は次の通り。

ニセコエリア(北海道・倶知安町)
美瑛町(北海道・美瑛町)
奥入瀬(青森県)
蔵王(山形県山形市)
川越(埼玉県川越市)
浅草(東京都台東区)
鎌倉・藤沢(神奈川県鎌倉市)
箱根(神奈川県・箱根町)
佐渡(新潟県佐渡市)
富士山[吉田口](山梨県)
富士山[富士宮口、御殿場口、須走口](静岡県)
白川郷(岐阜県・白川村)
京都(京都府京都市)
奈良公園・山の辺の道(奈良県)
高野山(和歌山県・高山町)
出雲大社(島根県出雲市)
宮島・宮島口(広島県廿日市市)
仁淀川流域(高知県・いの町)
阿蘇(熊本県阿蘇市)
西表島(沖縄県・竹富町)

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

旅行新聞ホームページ掲載の記事・写真などのコンテンツ、出版物等の著作物の無断転載を禁じます。