test

4~6月、福岡・大分デスティネーションキャンペーンを開催 福岡県が目玉企画「よかバス」をPR

2024年3月6日
編集部

2024年3月6日(水) 配信 

「よかバス」のパンフ(右)とキャンペーン公式ガイドブック(左)

 福岡県では2024年2月22日(木)、東京都内にある県のアンテナレストラン「麹町なだ万 福岡別邸」で、マスコミを対象に4月から始まる「福岡・大分デスティネーションキャンペーン(DC)」と旬の食や福岡の酒をPRする催しを開いた。
 
 キャンペーンは4~6月の3カ月間、「至福の旅・大吉の旅 福岡・大分」をキャッチコピーに、大分県、JRグループと共同で開催する。福岡県観光振興課・金堀宏宣氏は、目玉企画として「よかバス」を紹介。各旅行会社が造成・販売する50コース・300本以上の県内周遊バスツアーを、統一ブランドとして販売する試みだ。公式サイトでは「ことこと列車とフレンチを満足」などのコースが一括して検索、比較ができる。キャンペーン公式ガイドブック「福岡・大分Walker」は約50万部作成し、県内の主な観光施設などで配布している。

 会場では、県産のスズキの造り、天然マダイの蕪蒸し、博多和牛のステーキなどの料理と共に、久留米市・花の露の「榮 純米吟醸」など5種類の日本酒を、市の担当者からの解説を聞きながら味わった。

                 【旅行ライター&エディター 三堀 裕雄】

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

旅行新聞ホームページ掲載の記事・写真などのコンテンツ、出版物等の著作物の無断転載を禁じます。