test

キャッチフレーズ「聖地リゾート!和歌山」を発表 さだまさしさんも熊野の魅力発信(和歌山県)

2023年12月1日
営業部:後藤 文昭

2023年12月1日(金) 配信

熊野の魅力を発信

 和歌山県観光連盟わかやま紀州館はこのほど、東京都内で“和みわかやま”東京レセプション2023を開いた。

 観光プロモーション説明会では、新キャッチフレーズ「聖地リゾート!和歌山」を発表し、①世界遺産②アウトドア観光③温泉と食④サイクリング王国わかやまーーの4つを重点取り組みと位置づけ、今後のプロモーションを展開すると宣言。

 世界遺産関連では、2024年が「紀伊山地の霊場と参詣道」が登録20周年を迎えることを記念し、7~12月に特別企画を展開する。「熊野那智大社」宝物の特別展や「那智山青岸渡寺」の那智の秘宝・秘仏公開などを寺社仏閣、各自治体協力のもと実施すると説明。

 世界遺産との関わりが薄い市町村も含め、世界遺産登録20周年をフックに県内すべての自治体で賑わいを創出するべく、アクティビティなどの企画の造成も進めていることを報告した。

 岸本周平和歌山県知事は、「聖地とは、かけがえのない場所。リゾートの語源は、何度も行く場所。新しいキャッチフレーズ『聖地リゾート和歌山』には、何度も来ていただきたいという想いを込めた」と語り、旅行会社や報道関係者へ県の観光への支援を呼び掛けた。

 また会場には歌手のさだまさしさんも駆けつけ、「熊野には 精神的に深いふるさと像を感じる。知れば知るほど面白い場所で、興味ある人ない人、双方に対しても強い魅力がある」と熊野の魅力を発信。さださんと岸本知事は、新宮市で毎年2月6日夜に行われる「お燈まつり」で使われるたいまつにそれぞれ「世界平和」などの祈願も書き入れた。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

旅行新聞ホームページ掲載の記事・写真などのコンテンツ、出版物等の著作物の無断転載を禁じます。