test

万博パビリオン起工式開く 次世代通信技術を発信へ(NTT)

2023年11月13日
関西支社:土橋 孝秀

2023年11月13日(月)配信

パビリオンのイメージ図

 日本電信電話(NTT、島田明社長、東京都千代田区)は11月10日(金)、2025年大阪・関西万博に出展するパビリオンの起工式を万博会場(大阪府大阪市)の建設予定地で行った。

 パビリオンは「NTT Pavilion“Natural”(仮称)」で、コンセプトは「感情をまとう建築」。3500平方㍍の敷地に4つの建物を作り、内部で次世代の通信ネットワーク技術「IOWN(アイオン)」を使ったさまざまな体験を提供する。

 外観は「布」をワイヤーで吊るし、緩やかに浮遊するデザインとなる。来館者の感情やふるまいによって「布」が動き、建物全体が感情を持った生命体のようになるという。

 起工式には島田社長をはじめNTTグループ幹部や2025年日本国際博覧会協会の石毛博行事務総長らが出席した。パビリオンは2024年12月に竣工する予定だ。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

旅行新聞ホームページ掲載の記事・写真などのコンテンツ、出版物等の著作物の無断転載を禁じます。