test

サービス連合、弁護士対応の労働相談実施へ 営業自粛などを受け

2022年9月21日
編集部:木下 裕斗

2022年9月21日(水) 配信

労働相談のイメージ

  コロナ禍による外出や営業などの自粛で、未だに観光産業は大きな影響を受けているとして、サービス・ツーリズム産業労働組合連合会(サービス連合、後藤常康会長)は9月から2023年6月まで毎月1回、宿泊や旅行、国際航空貨物業、派遣業(添乗員)で働くすべての人を対象に弁護士が電話で対応する労働相談を行う。

 開催日は毎月26日。11月は25日、2~3月は16日に相談に応じる。時間は午後4~7時まで。電話番号は0120-025-305となる。

 サービス連合は「相談内容の秘密は厳守されるので、1人で悩まずに相談してほしい」と利用を促した。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

旅行新聞ホームページ掲載の記事・写真などのコンテンツ、出版物等の著作物の無断転載を禁じます。