test

「観光庁DXPR事務局」開設 2021年度は17の事業に取り組む

2021年11月9日
編集部:馬場遥

2021年11月9日(火) 配信

観光庁はこのほど、観光庁DXPR事務局を立ち上げた

 観光庁はこのほど、サニーサイドアップ(小久保正人社長、東京都渋谷区)内に、DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進による観光サービスの変革と観光需要の創出を目的とした事業について、報道関係者の窓口となる「観光庁DXPR事務局」を開いた。2021年度は17の事業に取り組む予定。

 デジタル技術を複合的に活用しながら、観光サービスの変革と、新たな観光需要の創出を推進する。旅行者の消費機会の拡大や、旅行者の消費単価の向上を目指し、新しい観光コンテンツ・価値を生み出していく。

 ICTの活用で作業の省力化をはかるほか、Society5・0時代に向けてDXを推進していく。

 観光庁が取り組む事業計画は次の通り。

開発事業

▽鹿島アントラーズを基軸としたエリアマネジメントの変革
▽XR技術を用いた屋外周遊型XRテーマパーク開発事業
▽顔認証と周遊eチケットを融合した手ぶら観光の実現
▽次世代型ガイド価値拡張プラットフォーム事業
▽5G・自動運転・xRが創る「どこでもテーマパーク」

活用事業

▽オンライン技術を活用した「全国のおいしい体験」プラットフォーム構築による来訪意欲促進実証事業
▽Local Craft JAPAN-地域を立体的にPRするリアル/オンライン連動型クラフトイベントからのインバウンド誘客スキーム
▽北海道におけるインバウンド観光DX化実証事業 -オンラインツアーと仮想空間(VR)の融合による「新体験型バーチャルトラベル」創出
▽青森の夏・秋・冬の多彩な魅力を発信・交流するオンライン体験イベント事業
▽浅草芸者とめぐる東京下町とお座敷遊び体験オンラインツアー
▽魅力再発見PROJECT
▽たかやまくえすと~そして今くるさ~
▽南知多・とっておきの“島時間”で来訪意欲を増進するオンライン活用事業
▽高度経済成長の象徴・大阪「味園ビル」3DVR化プロジェクト
▽現代版『里見八犬伝』倉吉のまちを巡るバーチャルオンラインツアー
▽日本刀の聖地・瀬戸内市 オンライン文化振興オーナー育成プロジェクト
▽愛媛クラフトビールツーリズム
▽高知バリアフリーアドベンチャーツアープロジェクト

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • (北海道)

    最高気温---

    最低気温---

  • (秋田県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (石川県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (東京都)

    最高気温---

    最低気温---

  • (山梨県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (兵庫県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (島根県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (高知県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (宮崎県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (沖縄県)

    最高気温---

    最低気温---