test

西武園ゆうえんちリニューアル 1960年代の商店街をイメージした「夕日の丘商店街」では人々の生活の息遣いまで表現

2021年5月19日
営業部:後藤 文昭

2021年5月19日(水) 配信

1960年代の商店街をイメージした「夕日の丘商店街」

 西武園ゆうえんち(埼玉県所沢市)が5月19日(水)、リニューアルオープンした。1960年代の商店街をイメージした「夕日の丘商店街」には、細部までこだわって作りこまれた約30の店舗が並び、人々の生活の息遣いまで表現。「盗人×駐在のチェイス」や、「八百屋のたたき売り」、「紙芝居」といったライブ・パフォーマンスが突然始まるなど、「5感を通じての没入体験」を来園者に提供している。

 飲食は、「食堂 助六屋」のライスオムレツや、「肉のおほみ」のクロケット(コロッケ)、「喫茶ビクトリヤ」のスパゲッティー・ナポレターナなど、当時の雰囲気に浸れるものをラインナップ。園全体での買い物には、「百園(ひゃくせいぶえん)」と「拾園(じゅうせいぶえん)」の2種類の園内通貨を導入し、当時の物価を実感しながら、食事や買い物が楽しめる仕掛けも用意している。

細部まで細かく作りこみ
八百屋のたたき売り
盗人×駐在のチェイス

 リニューアルに当たり、さまざまなアトラクションも新たに導入した。「ゴジラ」をテーマにした大型ライド・アトラクション「ゴジラ・ザ・ライド 大怪獣頂上決戦」は、特殊装甲車に乗りゴジラとキングギドラの戦いの中から逃げる設定のアトラクション。半球状のスクリーン全体に映し出される映像に合わせ椅子が動くなど、スリリングなひと時が楽しめる。

「ゴジラ・ザ・ライド 大怪獣頂上決戦」が楽しめる映画館

 ファミリーエリア「レッツゴー!レオランド」は、漫画家の手塚治虫氏の人気作品「鉄腕アトム」と「ジャングル大帝」のキャラクターを使用したライド・アトラクションなどが楽しめるほか、手塚治虫氏の人気キャラクターたちをデザインした西武園ゆうえんち限定のグッズを販売するショップ「レッツゴー!バザール」も併設している。

アトムの月面旅行

 今回のリニューアルは、同園の開業70周年記念事業として行われた。「心あたたまる幸福感に包まれる世界」がテーマ。運営する「西武鉄道」とマーケティングなどを手掛ける「刀」が協業。落ち込んでいる入園者数を回復させ、人々に選ばれ、愛される遊園地にすることが狙いだ。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • (北海道)

    最高気温---

    最低気温---

  • (秋田県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (石川県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (東京都)

    最高気温---

    最低気温---

  • (山梨県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (兵庫県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (島根県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (高知県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (宮崎県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (沖縄県)

    最高気温---

    最低気温---