test

ANA、2月国内線の減便率57%に 2409便を追加減便へ 

2021年1月27日
編集部:入江千恵子

2021年1月27日(水) 配信

イメージ

 全日本空輸(ANA)は1月26日(火)、新型コロナウイルスの影響に伴う需要動向の変化により、2月の国内線74路線を対象に2409便の追加運休・減便を決めた。2月1~28日における減便数の合計は106路線1万1576便となり、当初の事業計画から57%減少する。

 期間中、減便数が最も多い路線は、羽田―福岡間の384便。次いで、羽田―札幌間の346便、羽田―伊丹間の334便と羽田発着が続く。事業計画の運航便数が多いこともあり、羽田発着の減便数は合計5645便にのぼり、全体の約半数を占める。

 また、他空港では伊丹―松山線が294便、福岡―沖縄線251便、沖縄―石垣線214便など、各路線でも減便を実施する。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • (北海道)

    最高気温---

    最低気温---

  • (秋田県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (石川県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (東京都)

    最高気温---

    最低気温---

  • (山梨県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (兵庫県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (島根県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (高知県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (宮崎県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (沖縄県)

    最高気温---

    最低気温---