test

20~30代の7割弱がワーケーションに関心 BIGLOBE調べ

2020年10月16日
編集部:馬場遥

2020年10月16日(金) 配信

ワーケーションをしてみたいと思うか についての回答

 BIGLOBE(有泉健社長、東京都品川区)は10月13日(火)、「ニューノーマルの働き方に関する調査」第2弾の調査結果を発表した。調査によると、20~30代で「ワーケーションをしてみたい」と答えた人は65%を超え、7割弱がワーケーションに対する関心が高いことが分かった。

 全体では、「そう思う」(23・7%)、「ややそう思う」(35・3%)と回答があった。肯定的に見ている回答を合わせると、20代は65・3%、30代は68・4%という結果になった。

 「どのような条件が整えばワーケーションをしてみたいと思うか」に対して、「会社がワーケーションを推奨する(制度が整う)」(43・5%)、「有給休暇を使わず通常勤務扱いになる」(39%)、「会社の費用負担がある」(39%)が上位に来た。ワーケーション普及に向けた、会社の制度整備がカギとなる。

 ワーケーションを実施したい1回当たりの期間では、「2泊」が24・7%で、「3泊」が19・5%だった。3泊~1カ月以上と回答した割合は全体の6割弱(合わせて58・3%)となった。仕事と両立しながら、長期休暇を取得したいという需要が高まっているようだ。

 ワーケーションをする際に、「自費で払っても良いと思う金額(1日・1人当たり平均)」は「5000円未満」が1位で、42・1%だった。2位は「5000円~1万円未満」(22・2%)と続き、6割強が「1万円未満」の自費負担を考えている。

 そのほか、設備・環境への要望として、「のんびりとした空間」、「美味しい食事」、「Wi―Fi」、「座り心地の良いイス」などが挙げられた。

 調査は、全国の20~50代の男女1500人に、9月10(木)~14日(月)の期間で行われた。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • (北海道)

    最高気温---

    最低気温---

  • (秋田県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (石川県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (東京都)

    最高気温---

    最低気温---

  • (山梨県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (兵庫県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (島根県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (高知県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (宮崎県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (沖縄県)

    最高気温---

    最低気温---