test

跡見女子大の篠原ゼミの学生がジャルパック、国交省と協力 熊本県・南阿蘇の魅力を開発しモニターツアー実施

2018年11月16日
編集部:増田 剛

2018年11月16日(金) 配信 

立野ダムの工事現場を訪れた参加者(左端が篠原准教授)

跡見学園女子大学で観光を学ぶ篠原ゼミの学生が着地型旅行を企画した「南阿蘇観光未来プロジェクト」のモニターツアーが11月3(土)~4日(日)に実施された。

 学生らは今年5月から現地を何度も訪れ、ジャルパック(江利川宗光社長)の支援によってツアーを造成。国土交通省九州地方整備局、熊本県・南阿蘇村の方々と協力しながら、手作りのツアーを開発していった。半年間関わってきた産学官プロジェクトの集大成として、学生らは18人の一般参加者に南阿蘇の魅力を案内した。

阿蘇カルデラの地形を学ぶジオツーリズムも

 同ツアーでは、4年半後に完成予定の「立野ダム」の建設現場を同ダムの工事事務所長の鵜木和博氏と見学する「インフラツーリズム」や、現地ガイドによる阿蘇の世界でも珍しい水無カルデラの地形を学ぶ「ジオツーリズム」など、新たな観光のかたちを提案。さらに、熊本地震で崩落した阿蘇大橋の現場を訪れ、被災者の声を聞く「防災ツーリズム」の要素も取り入れた。

熊本地震による村道断層の現場

 阿蘇山の裾野で200年の歴史を誇る地獄温泉の清風荘は熊本地震で被災した。現在は営業を休止中だが、河津誠社長の営業再開に向けた強い意志を聞きながら、足元から湧き出る「すずめの湯」で足湯も楽しんだ。

地獄温泉「すずめの湯」で足湯を楽しむ

 さらに、震災の影響で現在、立野~高森駅間を往復運転中の南阿蘇鉄道のトロッコ列車「レストラントレイン」で、学生らが考案したスペシャルランチを振る舞うなど、温かみのある企画が随所に盛り込まれた。

南阿蘇鉄道の「レストラントレイン」は目玉企画となった

 今回のプロジェクトでは、学生たちは現地を4~5回訪れた。「地元を動かすことはすごく大変だと感じた」と印象を語る学生もいた。

プロジェクトに参画した学生やジャルパック、国交省、南阿蘇村の方々が記念撮影

 篠原靖観光コミュニティ学部准教授は「講義中心の観光学ではなく、地域の人たちと力を合わせて、手作りのツアーで心を伝える体験は、学生たちにとっても貴重な体験となった」と話している。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • 網走(北海道)

    曇時々晴

    曇時々晴

    最高気温-1℃

    最低気温-9℃

  • 秋田(秋田県)

    暴風雪

    暴風雪

    最高気温3℃

    最低気温-1℃

  • 金沢(石川県)

    雪時々曇

    雪時々曇

    最高気温5℃

    最低気温3℃

  • 八丈島(東京都)

    曇り

    曇り

    最高気温14℃

    最低気温11℃

  • 河口湖(山梨県)

    晴時々曇

    晴時々曇

    最高気温7℃

    最低気温-2℃

  • 神戸(兵庫県)

    曇時々晴

    曇時々晴

    最高気温10℃

    最低気温6℃

  • 松江(島根県)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温9℃

    最低気温5℃

  • 室戸岬(高知県)

    晴れ

    晴れ

    最高気温11℃

    最低気温7℃

  • 高千穂(宮崎県)

    晴れ

    晴れ

    最高気温8℃

    最低気温1℃

  • 石垣島(沖縄県)

    曇り

    曇り

    最高気温22℃

    最低気温19℃