台湾への直行便就航を記念し、台湾人アンバサダーを起用したCPを実施

2018年6月12日
編集部:平綿 裕一

2018年6月12日(火) 配信 

6人の台湾人アンバサダーが日本国内の渡航先で情報を発信(画像はイメージ)

 

台湾・香港向けの訪日観光情報サイト「樂吃購(ラーチーゴー)!日本」を運営するジーリーメディアグループは6月25~29日に、3千人の中から選ばれた6人の台湾人アンバサダーを起用し、日本国内の魅力を発信してもらうキャンペーンを行う。スターフライヤーが2018年10月28日に台北線を就航することを記念して実施する。

 台湾人アンバサダーは日本ファンが集うラーチーゴーの利用者から募集した。4月27日~5月23日の期間に集まった約1500組3千人の応募者から、3組6人を選び抜いた。台湾のFacebook利用率は76%で、同サイトは61万人以上のFacebookファンを持つ。月間約600万PVと読者との交流の場は盛況だ。

 スターフライヤーは18年10月28日から、台北の台湾桃園国際空港に北九州、福岡と中部(名古屋)から、それぞれ1日1往復する。秋のレジャー需要を積極的に取り込みたい考えだ。今回、飛騨高山と博多、北九州と別府・湯布院、北九州と名古屋の3つの旅程のいずれかに、アンバサダーを招待する。航空券と宿泊するホテル以外は自由に組めるようにした。日本の渡航先周辺を思い思いに巡り、自身のSNS(交流サイト)で、それぞれの角度から地域の魅力を発信してもらうことを条件にしている。アンバサダーを通じ、需要を探ることで、渡航先の魅力を発見し、より効率的に認知度向上をはかる狙い。

 17年に日本を訪れた訪日外国人旅行者2869万人のうち、台湾からは過去最高の456万人以上が訪れた。このうち約8割の訪日台湾人が2回以上のリピーターとなる。さらに10回以上は約14%に上り、他の訪日外国人と比べ再訪回数が圧倒的に多い。FIT(海外個人旅行者)化の流れも顕著で、日本での体験などを楽しむコト消費(体験型観光)も人気を集めている。今回のCPを通じ、同社は「今後さらなる日本へのインバウンド施策に貢献していく」と意気込む。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • 網走(北海道)

    晴時々曇

    晴時々曇

    最高気温27℃

    最低気温17℃

  • 秋田(秋田県)

    晴のち曇

    晴のち曇

    最高気温29℃

    最低気温17℃

  • 金沢(石川県)

    晴のち曇

    晴のち曇

    最高気温32℃

    最低気温21℃

  • 八丈島(東京都)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温28℃

    最低気温25℃

  • 河口湖(山梨県)

    曇り

    曇り

    最高気温23℃

    最低気温13℃

  • 神戸(兵庫県)

    晴のち曇

    晴のち曇

    最高気温31℃

    最低気温23℃

  • 松江(島根県)

    晴れ

    晴れ

    最高気温33℃

    最低気温19℃

  • 室戸岬(高知県)

    晴のち雨

    晴のち雨

    最高気温27℃

    最低気温22℃

  • 高千穂(宮崎県)

    晴のち雨

    晴のち雨

    最高気温29℃

    最低気温16℃

  • 石垣島(沖縄県)

    曇時々晴

    曇時々晴

    最高気温31℃

    最低気温26℃