「2018台湾ランタンフェスティバルin嘉義」盛大に開催 来年は屏東県の大鵬湾で

2018年3月12日
編集部:増田 剛

2018年3月12日(月) 配信 

高さ20メートルを超えるメインランタン「忠義天成」

きらめく光の祭典――。「2018台湾ランタンフェスティバルin嘉義」が3月2~11日まで、台湾南部の北回帰線上に位置する嘉義県で盛大に開催された。

 同フェスティバルは毎年、元宵節(げんしょうせつ、旧暦の1月15日)の時期に行われる台湾最大規模のお祭り。毎年異なる地域で開かれる。期間中は、多彩なテーマで、カラフルな大小のランタンオブジェが広大な会場を無数の光で輝かせ、幻想的な雰囲気を醸し出す。

 29回目の今回は、展示エリアも過去最大規模の50㌶に及んだ。国立故宮南院も会場の一部となった。毎年、干支にちなんだメインランタンが登場。18年は、原住民の子供と台湾犬をモチーフにデザインされた「忠義天成」が注目を集めた。

 3月2日の開幕イベントには台湾の蔡英文総統も出席し、ランタンフェスティバルと合わせて嘉義県の観光魅力も紹介し、開催を祝った。

3月2日の開幕イベント

 会場全体をレーダーで照射するハイテクの手法も今回新たに採用され、年々華やかなイベントとなっている。日本からも、よさこいチームのステージパフォーマンスや、ランタンのブース出展、また、同フェスティバルを体感しようと多くの人が会場を訪れ、国際交流を楽しんだ。

台湾交通部観光局の周永暉局長

 台湾交通部観光局の周永暉局長は、3月2日に開いた世界各国のメディアが集まった記者会見で、「台湾に伝わる特有の民俗祭典を押し広げるために、1990年から台湾ランタンフェスティバルを開いている。芸術や建築など幅広い人材、知識を融合し、切磋琢磨しながら台湾の特色を表現してきた」とあいさつ。さらに「台湾ランタンフェスは、同時期に各地で開催される元宵節の祭りを発展させることにも寄与し、国際レベルの提灯職人や技術を育てている」と海外メディアにもアピールした。

日本のランタンも多数出展
嘉義名物の「鶏肉飯」(劉里長)

 なお、来年30回目となる2019台湾ランタンフェスティバルは、屏東県の大鵬湾で開催予定。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • 網走(北海道)

    曇時々晴

    曇時々晴

    最高気温24℃

    最低気温12℃

  • 秋田(秋田県)

    曇のち晴

    曇のち晴

    最高気温27℃

    最低気温18℃

  • 金沢(石川県)

    曇のち雨

    曇のち雨

    最高気温28℃

    最低気温19℃

  • 八丈島(東京都)

    曇時々雨

    曇時々雨

    最高気温24℃

    最低気温21℃

  • 河口湖(山梨県)

    曇のち雨

    曇のち雨

    最高気温25℃

    最低気温14℃

  • 神戸(兵庫県)

    曇のち雨

    曇のち雨

    最高気温26℃

    最低気温22℃

  • 松江(島根県)

    曇のち雨

    曇のち雨

    最高気温27℃

    最低気温20℃

  • 室戸岬(高知県)

    曇のち雨

    曇のち雨

    最高気温24℃

    最低気温22℃

  • 高千穂(宮崎県)

    曇のち雨

    曇のち雨

    最高気温26℃

    最低気温20℃

  • 石垣島(沖縄県)

    曇り

    曇り

    最高気温31℃

    最低気温27℃