生産性向上へ ネット講座、10月開講、講師は内藤耕氏(観光庁)

  • 2016-9-1

1639_05_01

内藤耕氏

内藤耕氏

 観光庁は、宿泊業や観光関連のサービス業の生産性向上をはかるため、昨年度に引き続きインターネットを利用したオンライン講座を開講する。現在受講登録を受け付けており、10月19日から4週にわたって、宿泊、運輸、小売などの事業者の先進事例を映像によって紹介し、講師による解説を行っていく。講師は、本紙の人気対談シリーズ「いい旅館にしよう!」などにも登場する、サービス産業革新推進機構代表理事で、工学博士の内藤耕氏。

 講義は、大規模公開オンライン講座(MOOC)サイト「gacco」上で行う。

 「gacco」とは、Web上で誰もが無料で参加し、学べる大学講座で、受講登録を行えば、パソコンのみならず、スマートフォンやタブレットからでも好きな時間に受講することができる。

 また、掲示板で同講座を受講する仲間たちと、意見交換することもできるため、最後までモチベーションを高く保つことができる。

 各週の講義内容は、1週目が「『サービス労働生産性』とは これからのサービス産業/科学的アプローチの導入」、2週目が「『早くやる』から『すぐできる』へ オーダーへの対応/実践:出来立て料理の提供」、3週目が「『できる』から『必要』だからへ 顧客理解と労働生産性/観察(えちぜん鉄道)」、4週目が「労働生産性の見える化 財務会計の基本(経費と投資、発生主義会計)/損益計算書と貸借対照表」。

 講義はネットで受講しやすいよう1本あたり10分程度にまとめられており、各週10講座分の動画が公開され、講座回数は計40講座となる。

 なお、規定の修了条件を満たした受講者には、観光庁長官名の同講座の修了証が授与される。

 昨年度のオンライン講座は「旅館経営教室」として開講。旅館の生産性向上や、収益力の強化などをテーマに前編・後編の2部構成で全20本の動画を公開した。

 実際に講座を受講した受講者からは、「働き方改革を行ったことで、週休2日制を導入することができた」、「部下を指導する際に、自分の発言に自信を持てるようになった」などの意見が挙がった。最終的に受講者は他業種にわたり3200人に上った。

 同講座の受講登録は、観光庁オンライン講座ページ(http://gacco.org/kankocho/slp)から。

ページ上部へ戻る