test

NAA21年実績、貨物が過去最高 旅客数は開港以来最低

2022年2月1日
編集部:木下 裕斗

2022年2月1日(火) 配信

田村明比古社長。「国内線はオミクロン株の拡大で2月は19年比で約6割になる」と見越した。

 成田国際空港(NAA、田村明比古社長)が1月27日(木)に発表した2021年の年間航空発着回数は、前年比5%減の12万9776回、航空旅客数は同50%減の524万4194人と大幅減となった。このうち、国際貨物便の発着回数は同37%増の5万961回と過去最高だった。旅客便の運休や海上コンテナ不足で、臨時の貨物便が運航されたことが主な要因。

 国際線旅客数は同74%減の189万3477人と5月に開港した1978年以来、最低だった。日本人旅客数は同84%減の45万2124人、外国人は同79%減の67万887人。20年1~2月ごろは、新型コロナウイルスによる渡航制限が21年同月よりも緩かった。

 一方、「新型コロナウイルスの影響が大きく出た」という4~12月の比較では、21年同期における国際線旅客便の発着回数は前年同期比49%増の3万6987回、旅客数は同66%増の157万3033人。東京2020オリンピック・パラリンピックの関係者や海外駐在員などの出入国で改善した。

 国内線は21年年間の発着回数が前年比7%減の2万8262回。旅客数は同4%増の335万717人となった。

 田村社長は「9~10月と年末に旅行需要が増えた」と説明した。

8割まで回復 国内線は旅行需要増

 1月1(土)~22日(土)までの国際線旅客便の発着回数は、前年同期比29%増の3299回、出国旅客数は25%増の4万9500人だった。

 国内線発着回数は同97%増の2615回。19年比では約8割まで回復した。

 田村社長は「国内線は年始に、旅行を目的とした旅客が増加したが、オミクロン株の拡大で1月は19年比で約7割、2月は6割ほどになる」と見越した。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • (北海道)

    最高気温---

    最低気温---

  • (秋田県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (石川県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (東京都)

    最高気温---

    最低気温---

  • (山梨県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (兵庫県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (島根県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (高知県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (宮崎県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (沖縄県)

    最高気温---

    最低気温---