test

2月の宿泊業倒産8件 震災後9年ぶりの高水準に 東京商工リサーチ調べ

2021年3月11日
編集部:馬場遥

2021年3月11日(木) 配信 

東京商工リサーチはこのほど、2021年2月期の倒産状況を発表した

 東京商工リサーチがこのほど発表した2021年2月の宿泊業倒産は8件(前年同月は5件)だった。このうち、半数の4件が新型コロナウイルス関連倒産だった。20年度(4~3月)の倒産件数は2月までに前年度(74件)の1・5倍である114件に達した。同社は、「東日本大震災の影響で倒産が急増した11年度(141件)に次いで、9年ぶりの高水準を見込む」と危惧している。【馬場 遥】

 

 宿泊業の2月の負債総額は8億2900万円(前年同月は21億2800万円)と前年同月比61・0%減で、2カ月ぶりに前年同月を下回った。負債総額5億円以上が発生せず、小規模倒産が中心となった。

 地区別では関東、中部が各2件、北海道、近畿、中国、九州が1件となった。

 おもな倒産事例としてTAKE(札幌市中央区)が2月8日(月)に札幌地裁に破産を申請した。負債総額は2億2300万円。

 当初、賃貸アパートのリフォーム工事やソーラーシステムの設置販売を手掛けていたが、18年6月から民泊施設の運営を始めた。19年5月期には売上高2億815万円を計上したが、「北海道胆振東部地震」の影響で損益面では6127万円の赤字を抱えていた。20年に入ってからは新型コロナウイルス感染拡大の影響で経営が悪化し、今後の見通しが立たないとして、2月5日(金)付で事業を停止した。

 1950年に割烹旅館として発足した豊橋パークホテル吉祥閣(愛知県豊橋市)は1月15日(金)、名古屋地裁豊橋支部から破産開始決定を受けた。負債総額は約2億3600万円。

 79年からホテル形式に業態を転換し、宿泊や宴会の利用で一般顧客を中心に事業を展開してきた。新型コロナ感染拡大の影響で利用者が激減し、20年9月には事業を停止していた。

 旅行業の2月度の倒産は4件となり、前年同月と同数だった。20年度(4―2月)の累計倒産件数は20件で(同9・0%減、前年同期は22件)で、低水準にとどまった。

 負債総額は1億400万円(同23・5%減)で、4カ月連続で前年同月を下回っている。負債1000万円以上5000万円が3件、5000万円以上1億円未満が1件発生し、1億円以上の倒産は発生しなかった。

 同社は、「給付金や支援融資などの効果で倒産が抑制された」とし、過去20年間で最少を記録した「15年度(4~3月)の25件を下回る可能性が高まった」と見ている。

いいね・フォローして最新記事をチェック

コメント受付中
この記事への意見や感想をどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE
TOP

WEATHER 行楽地、明日の天気

  • (北海道)

    最高気温---

    最低気温---

  • (秋田県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (石川県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (東京都)

    最高気温---

    最低気温---

  • (山梨県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (兵庫県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (島根県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (高知県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (宮崎県)

    最高気温---

    最低気温---

  • (沖縄県)

    最高気温---

    最低気温---